複利計算における72の法則について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > 72の法則

■72の法則とは

72の法則とは、複利計算で資産が倍になるまでの年数がわかる法則です。72を複利率で割ると倍になるまでの期間が出ます。

例えば、5%の複利率なら

 72/5=14.4年

で資産が倍になります。

しかし、仮に複利率100%の場合、資産が倍になるのは計算するまでもなく1年ですが、72の法則だと0.72年になってしまいます。72の法則はあくまで概算で、実際の年数とは少し違いがあります。

そこで、下の表で本来の期間と72の法則による期間を比較してみました。

   (単位:年)



72の法則は、複利率が7.0%〜10.0%では誤差が最も小さく、複利率が低いほど誤差が大きくなるようです。複利率が20.0%を超えると誤差はほぼ2〜3ヶ月程度になるようです。

しかし、複利率が大きい場合の2〜3ヶ月の誤差は微小と言えますし、複利率が小さい場合は、資産が倍になるまでの期間を計算すること自体ナンセンスなので、誤差が大きくても問題ないでしょう。

72の法則は実用範囲では誤差も小さく、計算の手間が少ないことから、十分活用できる法則といえます。

 
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > 72の法則
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語