日本版401k、確定拠出年金制度について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > カ行 > 確定拠出年金

■確定拠出年金制度とは

確定拠出年金制度とは、加入者自身が自己責任で掛金を運用して、その運用成績に応じて給付額が変わる年金制度のことです。アメリカでは401kとして1980年代に普及したプランですが、日本でも2001年に確定拠出年金法が施行され、確定拠出年金制度が導入されました。


確定拠出年金の大きな特徴は次のとおりです。

・運用は個人が行い、運用実績により受け取り金額が変わる。
・ライフプランに合わせて、年金で受け取る、一時金で受け取る、両方の組み合わせで受け取るの中から選択でき、受給開始も60〜70歳の間から任意に選択できる。
・退職、転職時に資産の持ち運びができる。



企業年金における確定拠出年金と、従来までの確定給付年金の違いは以下のとおりです。

確定給付年金 確定拠出年金
運用責任者 会社。 個人。
掛け金の負担元 会社。 会社。
途中退職時 退職一時金として受取るができる。 60歳までは受け取りできない。
退職金の持ち運び 退職一時金として清算されるため、転職先では一からのスタートになる。 転職しても継続される。
受取金額 当初から定められた金額を受取る。 個人の運用成績によって変動する。大きく増える可能性もあるが、掛け金より減額する可能性もある。
受取方法 一時金もしくは、10年間の有期年金による受け取り。 ライフプランに合わせて受取方法を選択できる。一時金、5〜20年の有期年金、もしくはその組み合わせ。
受取開始年齢 60歳から。 60歳〜70歳までの範囲で選択可能。


 用語集
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字


 メインコンテンツ 
 株式投資
 外国為替証拠金取引
 REIT
 eワラント
 財務諸表
 株式・経営用語集
 ロジカルシンキング
 サイトマップ1
 サイトマップ2


N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > カ行 > 確定拠出年金
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語