2007年問題について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > 2007年問題

■2007年問題とは

2007年問題とは、1947年〜1949年に生まれた団塊世代が定年を迎えることにより発生する諸問題のことです。

企業においては、退職金の一時的な急増という財務面での問題、熟練技術者が不足するという技術面での問題があります。

また、経済においても、少子化問題と重なって、労働人口の減少が懸念されています。その労働人口の減少が、GDPの減少、さらには国際競争力の低下を招くと考えられています。

企業も60歳で定年を迎えた人を積極的に再雇用するなど労働力確保に努めていますが、既存の枠組みだけで対応できるかが今後注目されます。

 
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字


N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > 2007年問題
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語