eワラント、投資指標の解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > eワラントに投資をする > eワラントの投資指標・用語解説

 ■eワラント投資指標・用語解説

eワラントへの投資における、主な投資指標・用語を解説します。


 ●原資産価格 

原資産価格とは、eワラントの対象となる金融商品の価格ことです。株式の場合は株価、為替の場合は為替レートになります。


 ●1ワラント当たり原資産数 

1ワラント当たりの原資産数とは、eワラントの対象原資産数を表します。1ワラント当たりの原資産数が0.2の場合、5ワラントあると1原資産に相当することになります。このとき、1原資産に相当するワラントの価格が200円だとすると、1ワラントの価格は40円になります。

1ワラント当たりの原資産数が0.2において、原資産価格が200円のときに、権利行使価格160円のコール型のeワラントを3000ワラント持って満期を迎えた場合、受取金額は次のようになります。

 (200円 − 160円) × 3000 × 0.2 = 24000円


 ●ボラティリティ 

ボラティリティとは、対象原資産の価格変動の度合いを示すものです。ボラティリティが低いと価格変動が小さく、逆に高いと価格変動が大きいことを示します。ボラティリティが高いほど、eワラントが利益になる可能性が高いため、eワラントの価格は高くなります。


 ●ギアリング 

ギアリングとは、対象原資産の価格とeワラント価格の比を表すものです。ギアリングは次のように計算されます。

 ギアリング = (対象原資産価格×1ワラント当たり原資産数)/eワラント価格


 ●実効ギアリング 

実効ギアリングとは、原資産の価格変動に対してeワラントが何倍の価格変動をするかを示したもので、eワラントのレバレッジを表します。実効ギアリングが大きいほど、価格変動リスクは大きくなります。実効ギアリングは次のように計算されます。

 実効ギアリング = ギアリング × デルタ


 ●デルタ 

デルタとは、対象原資産の価格変動に対する、eワラントの価格変動を示す指標です。デルタが大きいほど、eワラントの価格変動リスクが大きいことを示します。デルタは、対象原資産の価格変動によって変化していく指標です。


 ●アウト・オブ・ザ・マネー 

アウト・オブ・ザ・マネーとは、権利行使価格が原資産価格の外側にある状態です。つまり、コール型の場合、原資産価格<権利行使価格、プット型の場合、原資産価格>権利行使価格の状態です。すなわち、アウト・オブ・ザ・マネーはその状態で権利を行使しても利益が得られない状態のことです。

 ●イン・ザ・マネー 

イン・ザ・マネーとは、権利行使価格が原資産価格の内側にある状態です。つまり、コール型の場合、原資産価格>権利行使価格、プット型の場合、原資産価格<権利行使価格の状態です。すなわち、イン・ザ・マネーはその状態で権利を行使すると、利益が得られる状態のことです。

 ●アット・ザ・マネー 

アット・ザ・マネーとは、権利行使価格と原資産価格が等しい状態です


 ●その他 

eワラントには直接関係しませんが、原資産の投資尺度も有効な指標となり得ます。

(参考ページ)
株式の投資尺度
為替の変動要因

  


<<eワラントの活用法へ戻る eワラント証券会社紹介へ進む>>
 eワラント 
eワラントとは
eワラントの売買方法・リスク
eワラントの活用法
eワラントの指標・用語解説






N's spirit 投資学研究室 > eワラントに投資をする >eワラントの投資指標・用語解説
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.  株式投資日記 外国為替証拠金取引 eワラント