事業売却の形態


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 企業再構築・合併・買収 > 事業売却の形態

 ■事業売却の形態

一言で事業を売却するといっても、事業売却の形態には様々なものがあります。ここでは、売却の形態について解説します。


 ●市場外での取引 

■トレードセール
事業の一部または全部を相対取引によって売却する方法です。売却先は、事業会社、ファンド、ベンチャーキャピタルなど様々です。

■ジョイント・ベンチャー
事業の一部または全部を同業の企業やバリューチェーンの川上や川下にある企業と統合して、新会社を設立する方法です。ベンチャーキャピタルとの共同出資というケースもあります。


 ●市場での取引 

■IPO
子会社または事業の全株式を株式市場にIPO(新規株式公開)して、新たな株主に売却する手法です。

スピンオフ
子会社または事業の全株式を親会社の既存株主に分配する手法です。売却後の支配権は親会社が握ったままですが、徐々に第三者へと移行していきます。

トラッキングストック
子会社または事業の業績に連動する株式を既存株主に対して分配する手法です。売却後の支配権は親会社が握ったままとなります。

カーブアウト
子会社または事業の株式の一部を新たな株主に売却する手法です。


  


<<買収における資金調達へ進む スピンオフに進む>>
 再構築・合併・買収
M&A
M&Aのプロセス
企業買収・合併による効果
シナジー効果算出と配分
コントロールプレミアム
買収価格の決定プロセス
買収における資金調達
事業売却の形態
スピンオフ
トラッキングストック
カーブアウト
LBO
MBO
PPA
買収後の統合(PMI)
企業再生手法の概要
民事再生法
会社更生法
DES
DDS
DIPファイナンス
再生戦略の基本ステップ
企業再生のタイミング





N's spirit 投資学研究室 > 企業再構築・合併・買収 > 事業売却の形態
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.