トラッキングストックについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 企業再構築・合併・買収 > トラッキングストック

 ■トラッキングストックとは

トラッキングストックとは、ある親会社の事業部門の業績に特化した株式のことで、親会社の株主に対して配当される形で発行されます。

スピンオフに似ていますが、スピンオフは親会社が株式市場で株式を売却することにより会社の所有権を徐々に切り離せるのに対し、トラッキングストックは、あくまで親子関係を維持しながら子会社(もしくは事業部門)の価値を顕在化する手法として使えます。

トラッキングストック


トラッキングストックを発行することで、子会社(もしくは事業部門)は市場の投資家からの監視が強化されるようになるため、発行前に比べてより親会社と独立した経営の規律が求められるようになります。

トラッキングストックは、子会社(もしくは事業部門)の価値を顕在化できるという意味で、スピンオフと同様に一般的にシナジーの薄い複数の事業を抱えるコングロマリットが企業価値を上げるために有効と考えられています。


トラッキングストックを発行する場合、2種類の株式(親会社と子会社)の間でどのように利益を分配するのか、共通の間接費をどのように配賦するのかが課題となります。

また、トラッキングストックには、ガバナンス構造が複雑になるため、子会社の経営陣にとっては、普通株主とトラッキングストック株主の間に発生する利害相反の問題を抱えてしまうというデメリットがあります。


  


<<スピンオフへ戻る カーブアウトへ進む>>
 再構築・合併・買収
M&A
M&Aのプロセス
企業買収・合併による効果
シナジー効果算出と配分
コントロールプレミアム
買収価格の決定プロセス
買収における資金調達
事業売却の形態
スピンオフ
トラッキングストック
カーブアウト
LBO
MBO
PPA
買収後の統合(PMI)
企業再生手法の概要
民事再生法
会社更生法
DES
DDS
DIPファイナンス
再生戦略の基本ステップ
企業再生のタイミング






N's spirit 投資学研究室 > 企業再構築・合併・買収 > トラッキングストック
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.