スピンオフについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 企業再構築・合併・買収 > スピンオフ

 ■スピンオフとは

スピンオフとは、親会社の株主に対して、切り離した子会社(もしくは事業部門)の株式を全て配当として分配する手法のことです。分離された子会社は、独立した上場会社として株式市場で取引されます。

親会社の株主は、元々の親会社の株式と分離した子会社(もしくは事業部門)の株式の両方を保有することになります。


単純な事業売却の場合、一気に所有権が売却先の会社に移るのに対し、スピンオフの場合は、子会社(もしくは事業部門)の株式上場後もしばらくの間は、親会社の株主が株主として残るため、事業の再構築を少しずつ進めていきたいときに有効な手段です。

親会社の株主にとっては、単純な売却だと、自分の意向とは関係なく事業が他社に売却されてしまいますが、スピンオフによって子会社株を配当してもらえれば、自分の意思でその事業を保有するか売却するかを判断することができるというメリットがあります。

スピンオフ


スピンオフは、一般的に、親会社の株価が、個別の事業価値の合算よりも低い場合に、各事業の価値を顕在化することで、親会社の株価を高めるために用いられます。

特にシナジーの薄い複数の事業を抱えるコングロマリットが企業価値を上げるために有効と考えられています。コングロマリットのままだと、投資家にとって事業それぞれの価値がわかりにくく、十分に評価されにくくなりますが、スピンオフをして事業部門の価値を顕在化することで、投資家に対して事業部門ごとの透明性が増すからです。
(参考ページ:コングロマリット




一方で、分社化することで、これまで本社機能がひとつで済んだのが、本社機能が新たに必要になるので、間接費の増大につながるといったデメリットがあります。


  


<<買収における資金調達へ戻る トラッキングストックへ進む>>
 再構築・合併・買収
M&A
M&Aのプロセス
企業買収・合併による効果
シナジー効果算出と配分
コントロールプレミアム
買収価格の決定プロセス
買収における資金調達
事業売却の形態
スピンオフ
トラッキングストック
カーブアウト
LBO
MBO
PPA
買収後の統合(PMI)
企業再生手法の概要
民事再生法
会社更生法
DES
DDS
DIPファイナンス
再生戦略の基本ステップ
企業再生のタイミング








N's spirit 投資学研究室 > 企業再構築・合併・買収 > スピンオフ
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.