人口と経済成長のマトリックス


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 人口と実質GDPのマトリックス

 ■人口と経済成長のマトリックス(2010年データ)

人口と経済成長の関係をマトリックスで表現してみました。横軸は人口(単位 百万人)を、縦軸は実質GDP成長率(05年〜09年まで)を表しています。簡単に言うと、グラフの右上ほど成長規模が大きいということになります。



データ出所 : 財)国際貿易投資研究所 国際比較統計


このグラフを見ると、中国とインドがずば抜けてしまっているので、その2国を除いて作ったグラフが下のグラフです。



線は適当に引いただけですが、いわゆるBRICsの4カ国はいずれも高いポテンシャルを持っていることがわかります。ベトナムもBRICsに続く、TVT(タイ、ベトナム、トルコ)の一員として知られており、近年の経済発展は目覚しいものがあります。

しかし、それと同時にこのグラフを見たときに感じるのはインドネシアのポテンシャルです。今後のインドネシアには注目かもしれません。








N's spirit 投資学研究室 > 人口と実質GDPのマトリックス
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. since 2004 All rights reserved.