オプション取引の売買戦略 プットの買い


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > オプションに投資する > オプション取引の売買戦略 > プットの買い

 ■オプション取引 売買戦略 プットの買い

※「プットの買い」の概要
■売買手法
プットオプションを買う
■狙い目
ボラティリティが低く、相場が下がりそうなとき
■最大利益
理論上は無限大
■最大損失
オプションを買ったときの支払い金額
■メリット
大きな利幅を取れる可能性がある
■デメリット
買いのみの戦略なので、タイム・ディケイの影響を受けやすい


下の図は、権利行使価格11500円のプットオプションを200円で1単位(1000枚)買ったときの、満期日の原資産価格と利益の関係です。グラフからもわかるように最大利益は無限大、最大損失は購入金額の20万円になります。

プットオプションにおける原資産価格と利益の関係

プットオプションの買いは、理論上利益が無限大になりますが、相場が思惑どおりの方向に進んだ段階でフリートレードに転換することが最上の策とされています。なぜなら、思惑どおりの方向に進んだあと、反転した場合でも、フリートレードにしておけば当初の投下資金が保全できるためです。

  


<<コールの買いへ戻る コールの売りへ進む>>
 オプション売買戦略 
コールの買い
プットの買い
コールの売り
プットの売り
デビット・スプレッド
クレジット・スプレッド
レシオ・スプレッド
ニュートラル・オプション
カレンダー・スプレッド
フリートレードへの転換


 オプション取引 
オプション取引とは
オプション取引 売買の種類
オプション取引メリット・リスク
オプション取引・特有の概念
オプション取引・用語
オプションの価格決定要因
オプション取引の売買戦略
eワラントとの違い



N's spirit 投資学研究室 > オプションに投資する > オプション取引の売買戦略 > プットの買い
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 財務諸表