オプション取引の売買戦略 フリートレード


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > オプションに投資する > オプション取引の売買戦略 > フリートレードへの転換

 ■オプション取引 売買戦略 フリートレードへの転換

フリートレードとは、コストフリー、すなわち元手がゼロの状態で投資(取引)をすることです。

オプション取引で、フリートレードを成立させるには、コール(またはプット)を買って、相場が思惑どおり動いたときに、買ったコール(またはプット)よりも、アウト・オブ・ザ・マネーのコール(またはプット)を売ればよいのです。(あくまで相場が思惑どおり動いたこと前提です)


 ●フリートレードの例 

例えば、ある年の6月の日経平均が10000円で、9月限11000円のコールオプションが100円だったとします。ここで、トレーダーAは、今後日経平均が上昇すると期待して、このコールオプションを1単位(1000枚)=10万円分購入したとします。

さて、日経平均が思惑どおり上がってきて、7月に10800円になったとします。このとき9月限11500円のコールオプションが110円だったとします。ここで、このコールオプションを売るとフリートレード成立です。

■トレーダーAのポジション
・9月限11000円のコールオプション買い (購入価格100円×1000枚)
・9月限11500円のコールオプション売り (購入価格110円×1000枚)

トレーダーAは、9月までに相場がどのように動いても1万円((110-100)円×1000枚)の利益が確定します。そして相場がさらに上昇して日経平均が最終的に11500円を超えると(11500円−11000円)×1000+10000円=51万円の利益が得られます。


上記のトレーダーAのポジションにおいて、9月の日経平均株価とトレーダーAの利益の関係は次のとおりになります。

日経平均 利益
〜11000円未満
11000円〜11500円
11500円を超える
1万円
(日経平均−11000円)×1000+1万円
50万円


もし、7月のコールの売りをせず、買い建てのポジションだけなら100万円の利益になりますが、フリートレードの場合、思惑以上に相場が動いて9月に12000円になっても50万円の利益にしかなりません。

しかし、相場は必ずしも思惑どおり動くとは限らないので、ひとつのポジションに対して、投下資金が守られているという状況はトレーダーにとってかなりのプラスになります。


 ●フリートレードを応用して利幅増大する場合 

上昇場面で、アウト・オブ・ザ・マネーのオプションを売るというフリートレードの考え方応用して利幅を増大させる方法もあります。

先ほどの例で、トレーダーAがフリートレードを成立させた後、日経平均が8月ですでに11500円に到達したとします。ここで9月限12000円のコールをさらに1000枚売って利幅を増大させる戦略もあります。

このコールオプションの価格が140円だった場合、9月の日経平均とトレーダーAが得る利益の関係は次のようになります。

日経平均 利益
〜11000円未満
11000円〜11500円
11500円〜12000円
12000円を超える 
15万円
(日経平均−11000円)×1000+15万円
50万円+15万円
50万円+15万円−(日経平均−12000円)×1000

つまり12000円コールの売りによって最大利益を65万円にすることができるのです。ただし、日経平均が12640円を超えるとその分はマイナスになってしまいます。  

しかし、8月から9月までの1ヶ月で日経平均が1140円も上がるというのは、まれと見ることができれば、こうした戦略も活用の余地が生まれてきます。


  


<<カレンダー・スプレッドへ戻る
 オプション売買戦略 
コールの買い
プットの買い
コールの売り
プットの売り
デビット・スプレッド
クレジット・スプレッド
レシオ・スプレッド
ニュートラル・オプション
カレンダー・スプレッド
フリートレードへの転換


 オプション取引 
オプション取引とは
オプション取引 売買の種類
オプション取引メリット・リスク
オプション取引・特有の概念
オプション取引・用語
オプションの価格決定要因
オプション取引の売買戦略
eワラントとの違い


N's spirit 投資学研究室 > オプションに投資する > オプション取引の売買戦略 > フリートレード
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 財務諸表