配当政策が株価に及ぼす影響


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > ファイナンスの知識を得る > 配当政策と株価

 ■配当政策と株価

配当政策の中で、完全市場では理論上は配当を出しても出さなくても企業の価値は変わらないと書きました。ここでは、それを数字を使って説明します。


 ●増配前の状態 

ある会社が増配をするケースを考えます。増配前の貸借対照表は次のとおりです。ここでは、配当金の変動が株価に与える影響を見るため、極めて単純なモデルを考えます。貸借対照表の各項目は全て時価であると仮定します。

■増配前の貸借対照表 (万円) 【発行株式数 3万株】
現金   300 借入     0
資産   1500 株式   1800
総資産  1800 総資本  1800

この会社の企業価値は、現金とキャッシュフローを生む資産の合計1800万円です。借入金は0なので、
この会社の株主価値は、企業価値と同じく1800万円になり、これを発行株式数で割ると株価が算出できます。

 株価 = 1800万円 / 3万株 = 600円

 ●増配後の状態 

ここで、この会社が一株あたり50円の増配をしたとします。そうすると、この会社は現金を50円×3万株=150万円の現金を使って増配することになります。そうすると貸借対照表は次のようになります。

■増配後の貸借対照表 (万円) 【発行株式数 3万株】
現金   150 借入     0
資産   1500 株式   1650
総資産  1650 総資本  1650

この表から、現金を使って増配した分だけ企業価値(=株主価値)が下がることがわかります。この時点での株価を計算すると次のようになります。

 株価 = 1650万円 / 3万株 = 550円

さて、これを株主の観点から見るとどうなるでしょうか?

 株主の観点 = 600円(増配前) − 550円(増配後) + 50円(増配分) = 0円

つまり、株主は、会社が企業価値を減らす、すなわち株価を下げて身を削った分で配当金をもらっていることになります。したがって、理論上、配当金は株主の利益になりません。


 ●実際の配当変動時 

完全市場の仮定では、配当政策は、株主の富(=株価+配当金)には、何の影響も与えないという結論ですが、実際の市場ではどうでしょうか。

実際は、増配されるときというのは、企業の業績がよい場合が多いです。そのため、増配が株価上昇につながると考えられています。逆に減配のときは、企業業績が悪いことが多いために、株価下落につながります。しかし、理論上は増配(減配)しても、その直後は株主が享受する価値は変わらないということになります。

また、実際の配当金には税金がかかるので、上の理論は株主の観点からみるとマイナスになってしまいます。

  


<<配当政策へ戻る 自社株買いと株価へ進む>>
 ファイナンス基礎
ファイナンスの原則
FCF
DCF法
割引率(WACC)
β(ベータ)
アンレバードベータ
IRR(内部収益率)
残存価値の算出方法
WACCの限界
APV法
ポートフォリオとリスク分散
ポートフォリオとリスク分散2
DCF法でPJを比較
DCF法でPJを比較2
DCF法で重視する指標
差額原価収益分析
最適な資本構成
負債の節税効果
負債の種類
配当政策
配当政策と株価
自社株買いと株価
株価を上げる投資
債券
利付債
割引債
新株予約権付社債
転換社債型新株予約権付社債
異なる債券の利回り比較
証券化
プロジェクトファイナンス
IPO




N's spirit 投資学研究室 > ファイナンスの知識を得る > 配当政策と株価
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.