株価を上げる投資について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > ファイナンスの知識を得る > 株価を上げる投資

 ■株価を上げる投資

配当政策と株価自社株買いと株価で説明したように、増配や自社株買いは理論上株価を上げません。では、会社が株価を上げるにはどうのようなことをすればいいのでしょうか?ここでは、会社が株価を上げる投資について説明します。


 ●投資前の状態 
配当政策と株価のケースの初期状態と同じです)

ある会社が増配をするケースを考えます。増配前の貸借対照表は次のとおりです。ここでは、配当金の変動が株価に与える影響を見るため、極めて単純なモデルを考えます。貸借対照表の各項目は全て時価であると仮定します。

■投資前の貸借対照表 (万円) 【発行株式数 3万株】
現金   300 借入     0
資産   1500 株式   1800
総資産  1800 総資本  1800

この会社の企業価値は、現金とキャッシュフローを生む資産の合計1800万円です。借入金は0なので、
この会社の株主価値は、企業価値と同じく1800万円になり、これを発行株式数で割ると株価が算出できます。

 株価 = 1800万円 / 3万株 = 600円


 ●投資後の状態 

ここで、この会社が現金150万円を使って、現在価値が450万円になるようなプロジェクトに投資をしたとします。そうすると、貸借対照表は次のようになります。

■投資後の貸借対照表 (万円) 【発行株式数 3万株】
現金   150 借入     0
資産   1500 株式   2100
プロジェクト 450 
総資産  2100 総資本  2100

この表からわかるように、この会社は現金を有効に使って、企業価値を高めることに成功しています。この時点での株価を計算すると次のようになります。

 株価 = 2100万円 / 3万株 = 700円

会社はプロジェクトに投資することによるインパクトは、株価にすると+100円分だったということになります。


 ●企業価値を高める投資 

ウォーレン・バフェットは、株式の配当金を増やすよりも、企業価値を高める投資をして欲しいという考えを持っています。配当政策と株価とこのページで解説したように、理論上でもバフェットの考えが株主のためになるということがわかります。(ただし、株主が企業の投資以上の利回りで資金を運用できれば、配当金の方が有利になります)


  


<<自社株買いと株価へ戻る 債券へ進む>>
 ファイナンス基礎
ファイナンスの原則
FCF
DCF法
割引率(WACC)
β(ベータ)
アンレバードベータ
IRR(内部収益率)
残存価値の算出方法
WACCの限界
APV法
ポートフォリオとリスク分散
ポートフォリオとリスク分散2
DCF法でPJを比較
DCF法でPJを比較2
DCF法で重視する指標
差額原価収益分析
最適な資本構成
負債の節税効果
負債の種類
配当政策
配当政策と株価
自社株買いと株価
株価を上げる投資
債券
利付債
割引債
新株予約権付社債
転換社債型新株予約権付社債
異なる債券の利回り比較
証券化
プロジェクトファイナンス
IPO





N's spirit 投資学研究室 > ファイナンスの知識を得る > 株価を上げる投資
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.