損益分岐点分析、CVP分析について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 損益分岐点分析

損益分岐点分析とは CVP分析とは


損益分岐点分析(CVP分析)とは、文字どおり損益が分岐する点を知るためのものです。損益が分岐する点とは、利益が出るか損失が出るかの分岐点、すなわち利益=0になるときの売上高のことです。

損益分岐点分析の詳細解説の続きはブログ版をご覧ください。


【徹底解説】損益分岐点分析(CVP)とは CVPを使った企業分析



一部コンテンツをスマホでも見やすいブログ版に移管しています。



<<財務分析の例へ戻る 損益分岐点で企業分析へ進む>>
 財務諸表 
貸借対照表(B/S)を読む
損益計算書(P/L)を読む
CF計算書を読む
B/S、P/L、CF計算書の関係
財務諸表の科目一覧
財務分析(収益・効率性)
財務分析(安全性)
財務分析(生産性)
財務分析(成長性)
業種・業態別の財務特徴
会計方針による違い
税効果会計
粉飾決算の基本パターン
財務分析の例
財務諸表を見る際の注意点
損益分岐点分析
損益分岐点で企業分析
連結財務諸表の解説
貸借対照表 日英対照表
損益計算書 日英対照表
CF計算書  日英対照表





N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 損益分岐点分析
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.