損益分岐点分析、CVP分析について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 損益分岐点分析

損益分岐点分析とは CVP分析とは

ブログ版「損益分岐点分析とは」 スマホの方もこちらから

損益分岐点分析(CVP分析)とは、文字どおり損益が分岐する点を知るためのものです。損益が分岐する点とは、利益が出るか損失が出るかの分岐点、すなわち利益=0になるときの売上高のことです。

損益分岐点分析は企業全体や事業部別、商品別の売上・費用の目標設定を行うのに利用できます。損益分岐点を把握することで次のことがわかります。

@一定のコスト構造の中で、売上がどのように変わると利益が出るのか。
Aコスト構造が変わったときに、売上と費用がどのようなレベルにあれば利益が出るのか。

損益分岐点分析は、新規事業の立ち上げや、新規商品投入の際には必要不可欠な分析になります。また、損益分岐点分析によって、企業全体のコスト構造を大まかなに把握することができます。それによって、その企業がもつリスクを明らかにすることができます。


 ●損益分岐点の計算方法 

売上高と利益にはつぎのような関係があります。

 売上高 − 変動費 − 固定費 = 利益 ・・・@

また売上高から変動費を引いたものを限界利益と言います。

 限界利益 = 売上高 − 変動費 ・・・A

この限界利益を売上高で割ったものを限界利益率といいます。

 限界利益率 = 限界利益/売上高
         = (売上高−変動費)/売上高
         = 1−変動費/売上高
         =1−変動費率  ・・・B


さて、@A式から利益は次のようになります。

 利益 = 限界利益 − 固定費

損益分岐点は利益=0のときの売上高なので、次の式が成り立つときに損益分岐点となります。

 限界利益 = 固定費

B式から損益分岐点では次の関係が成り立ちます。

 限界利益 = 売上高 × 限界利益率 = 固定費

したがって、損益分岐点での売上高(損益分岐点売上高)は次のようになります。

 損益分岐点売上高 = 固定費/限界利益率 = 固定費/(1−変動費率)

参考: 限界利益>> 、 変動費>> 、 固定費>>


 ●損益分岐点分析の例 

ある会社のコスト構造が次のようになっている場合の損益分岐点分析を行います。

売上高 100百万円
変動費 75百万円
限界利益 25百万円
固定費 20百万円
経常利益 5百万円

このとき、この会社の損益分岐点売上高と安全率は次のようになります。

 損益分岐点売上高=固定費/限界利益率=固定費×売上高/限界利益
             =80百万円


 安全率=損益分岐点売上高/現在の売上高
     =80%


安全率80%は上記のように優良企業の水準です。したがって、この会社のコスト構造は優良であると言えます。

この会社のコスト構造は次のようにグラフ化すると、さらに明確にすることができます。

損益分岐点分析

計算例では、変動費と固定費が予めわかっていることを前提として計算しました。しかし、実際は企業の外部者が例のように明快に分けることは困難です。このような場合は、過去の売上と費用の関係から近似的に変動費と固定費に分解する方法を使います。
(参考 : 原価分解>>


 ●損益分岐点を下げる方法 

損益分岐点を下げるには計算過程からも明らかなように、固定費を下げる、変動費率(変動費/売上高)を下げることが有効です。また、売上単価を上げることも損益分岐点を下げるのに有効です。

■固定費を下げる
過剰設備の処分や労働効率の向上などが挙げられます。

■変動費率を下げる
原材料費の削減や流通経路の見直しなどが挙げられます。

■売上単価を上げる
売上単価が上がると変動費率が下がります。ただし、価格競争力が低下するリスクがあります。そのため、商品の付加価値アップやサービスの向上が求められます。


スマホでも見やすい ブログ版
Ns spirit投資学・経営学研究室



  


<<財務分析の例へ戻る 損益分岐点で企業分析へ進む>>
 財務諸表 
貸借対照表(B/S)を読む
損益計算書(P/L)を読む
CF計算書を読む
B/S、P/L、CF計算書の関係
財務諸表の科目一覧
財務分析(収益・効率性)
財務分析(安全性)
財務分析(生産性)
財務分析(成長性)
業種・業態別の財務特徴
会計方針による違い
税効果会計
粉飾決算の基本パターン
財務分析の例
財務諸表を見る際の注意点
損益分岐点分析
損益分岐点で企業分析
連結財務諸表の解説
貸借対照表 日英対照表
損益計算書 日英対照表
CF計算書  日英対照表










N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 損益分岐点分析
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.