BASSモデルとは


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > マーケティング思考を身につける > 市場規模の推定方法(BASSモデル)

 ■市場規模の推定方法(BASSモデル)

BASSモデルとは、ロジスティック曲線に顧客の購買行動を加味して定式化した需要予測モデルのことです。Frank Bassによって定式化されたことから、BASSモデルあるいはBASS diffusion model(BASS拡散モデル)と呼ばれています。

ロジスティック曲線モデルは元々、人口増加や細菌増殖を説明するモデルとして用いられてきたこともあって、BASSモデルはそれらの単純な増殖に購買要因を付加しているのが特徴です。

   BASSモデルの例
BASSモデル


 ●BASSモデルの数式 

BASSモデルは、次のような数式で構成されています。

 S(t) = (m (p+q)^2 / p) * (exp[(-p-q)*t] / (1+(q/p) * exp[(-p-q)*t)^2

S(t):時間tにおける販売台数
m:その製品で考えられる最大累積販売台数
p:外的影響係数:まだその製品を使っていない人が、
  広告などの外的な要素に影響されて利用を開始する見込み
q:内的影響係数:まだその製品を使っていない人が、
  すでにその製品を使っている人からの影響(口コミなど)を受けて
  利用を開始する見込み
t:時間(通常は年)


標準的なBASS曲線では、p=0.03、q=0.38として計算します。


BASSモデルの式でpやqの値を変えるとそれぞれ以下のようなグラフになります。

BASS diffusion model

pが大きいほどピークの立ち上がりが早くなる、すなわち広告などの外的影響力が大きいことを示します。

qが大きいほどピークが鋭角になる、すなわち口コミなどで爆発的にその商品の販売が拡大することを示します。


ロジスティック曲線同様に、他の商品の普及状況を参考にしてp値やq値を与えることで、新商品の市場浸透スピードを類推することができます。


  


<<マーケティング・定量分析へ戻る 消費者の購買行動の類型へ進む>>
 マーケティング基礎
マーケティング・プロセス
マーケティングの4P
製品戦略
価格戦略1
価格戦略2
価格戦略3
価格戦略4
サービスの価格戦略
価格モデルの革新
流通戦略
プロモーション戦略
競合の模倣を防ぐ方法
ブランド戦略
法人マーケティング1
法人マーケティング2
マーケティング・定量分析
市場規模の推定
市場規模の推定(ATARモデル)
市場規模の推定(海外)
市場規模の推定(ロジスティック曲線)
市場規模の推定(BASSモデル)
消費者購買行動の類型
ステージゲートシステム





N's spirit 投資学研究室 > マーケティング思考を身につける > 市場規模の推定方法(BASSモデル)
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. since 2004 All rights reserved.