マーケティング・プロセスについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > マーケティング思考を身につける > マーケティング・プロセス

 ■マーケティング・プロセス

マーケティング・プロセスとは、内外の環境分析から、商品を売りたいターゲットを定めて、商品の位置づけを考え、商品の価格やプロモーションを策定するまでの一連の流れのことです。策定したマーケティング・プロセスが思うような結果を出せていない場合は、上流側へ問題点をフィードバックすることで、プロセスを見直していく必要があります。

     ※マーケティング・プロセスの一例



 ●環境分析 

マーケティングをする上では、まず始めに企業内外の環境を分析する必要があります。PEST分析、5F分析、3C分析、SWOT分析といったフレームワークを使うことで、内外の環境を大雑把に把握することができます。また、自社の分析では、PPM分析を使うと、各事業の市場での位置付けを確認することができ、大きな事業戦略の方向性を見出すことができます。

この環境分析によって市場機会の発見と、企業(あるいは部門)として目指すべき戦略目標、マーケティング目標の決定(複数ある場合は優先順位付けをし)をします。

(参考)環境分析の詳細>>


 ●セグメンテーション 

セグメンテーションとは、マーケティング対象を類似の購買行動を持った集団(セグメント)に細分化することです。近年では、万人向けの商品を万人に対して売りこむ事は効率的でないため、世代的な特性や地理的な特性に応じた戦略を組み立てていきます。

セグメンテーションによって、マーケティング目標を達成するのに、最も適したセグメントを発見していきます。

(参考)セグメンテーションの詳細>>


 ●ターゲット 

セグメンテーションの結果から、標的市場(ターゲット)を定めていきます。ここで、ニッチな市場をターゲットにするのか、競合がひしめき合っている市場をターゲットにするのかは環境分析の結果も踏まえて判断していくことになります。

ターゲットを決める際に一般的に用いられるのが、製品・サービスという軸と顧客セグメントという軸になります。

ターゲットセグメントの選択


 ●ポジショニング 

ポジショニングとは、標的の市場において、自社商品と競合商品を差別化して、優位な地位を築くための手法です。

ポジショニング策定では、一般的に2つの軸を選んでポジションマップを描き、自社商品と競合商品の位置付けを明確にし、自社の商品を顧客に魅力的に見せる方法を考えていきます。ポジショニングを決定した上で、そのポジショニングを確立するための具体的な施策であるマーケティング・ミックスを立案していきます。

(参考)ポジションニングの詳細>>


 ●マーケティング・ミックス 

通常、マーケティング・ミックスというと「マーケティングの4P」のことをいいます。4Pの各要素(製品、価格、流通、プロモーション)は、定めたターゲットやポジションに整合しているかどうかで評価していきます。

4Pの打ち手というのは、思いつくがまま無限大に出てきてしまいます。したがって、ターゲットやポジショニングといった上位の概念と整合の取れているものに絞って、その中でも効果の高い打ち手だけに経営資源を投下していくことが重要です。(特に、資金のない企業にとっては、無駄な投資は命取りになってしまいます)

4Pの各戦略については、次ページから詳しい解説をしていきます。


  


<<アンゾフの経営戦略へ戻る マーケティングの4Pへ進む>>
 マーケティング基礎
マーケティング・プロセス
マーケティングの4P
製品戦略
価格戦略1
価格戦略2
価格戦略3
価格戦略4
サービスの価格戦略
価格モデルの革新
流通戦略
プロモーション戦略
競合の模倣を防ぐ方法
ブランド戦略
法人マーケティング1
法人マーケティング2
マーケティング・定量分析
市場規模の推定
市場規模の推定(ATARモデル)
市場規模の推定(海外)
市場規模の推定(ロジスティック曲線)
市場規模の推定(BASSモデル)
消費者購買行動の類型
ステージゲートシステム




N's spirit 投資学研究室 > マーケティング思考を身につける > マーケティング・プロセス

投資学経営学用語集
Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.