経験効果について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 経営戦略の基礎を学ぶ > 経験効果

 ■経験効果

事業の経済性を考える上で、もうひとつ重要なものに経験効果というものがあります。

経験効果とは、過去から現在に至るまでの累積の経験量からのコスト低下により、経済的な事業運営を可能にすることをいいます。

具体的には、ある事業を長年運営していると、従業員の熟練や作業の標準化による累積経験がコスト低下に働くことなどが挙げられます。

経験効果
          ※生産量の増加はないものと仮定

 ●経験曲線 

規模の経済性と経験効果を合わせると、製造コストと累積生産量には、一定の相関関係が生まれることが経験的にわかっています。

その関係を表すグラフを経験曲線といいます。経験曲線は、縦横の両軸に対数をとると、ほぼ右肩下がりの一直線で表すことが出来ます。(すなわち、生産量が何倍になると、コストが何割下がるという関係になります)

経験曲線

生産量が倍になったときに、下がるコストの割合を習熟率と言います。習熟率は産業によって異なります。

経験曲線 習熟率の違い

一般的に製造コストが減少した分は、価格にも反映されるので、価格を縦軸にした経験曲線が示される場合もあります。

補足ですが、製造コストの傾きよりも価格の傾きの方が小さければ、製品の利益は増えるという結果になります(下図参照)。

経験曲線 コスト 価格


  


<<事業の経済性分析へ戻る 3C分析へ進む>>
 経営戦略基礎
戦略とは
アンゾフの経営戦略
PPM
GEのビジネススクリーン
バリューポートフォリオ
グローバル戦略のパターン
ポーターの事業戦略類型
価値基準による戦略類型
業界地位と戦略
ブルーオーシャン戦略
チャレンジャーの逆転戦略
5つの力
アドバンテージ・マトリックス
戦略ポジショニングの分析
バリューチェーン
デコンストラクション
サービスプロフィットチェーン
リソース・ベースト・ビュー
7つのS
VSPROモデル
PEST分析
PLC
テクノロジー・ライフサイクル
技術戦略(MOT)
事業の経済性分析
経験効果
3C分析
SWOT分析
PDCAサイクル
ビジネスロードテスト
デルタモデル
環境分析のプロセス
製品市場戦略
競合分析フレームワーク
KSFの例





N's spirit 投資学研究室 > 経営戦略の基礎を学ぶ > 事業の経済性分析
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.