ロジカルな報告書の作り方


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > 仕事力アップに活用 > 報告書の作り方

 ■ロジカルシンキングを報告書に活用する

報告書は、書き手の主張をしっかり書くだけでなく、読み手に苦痛を与えないような構成であることが望まれます。

わかりやすい報告書を作ることで、読み手の混乱を防ぎ、無駄な確認作業が減り、読み手が次のアクション(上司であれば次の指示、他部門であれば次にとるべき行動)を素早くとることが期待できるからです。

わかりやすい報告書を作る際に、ロジカルシンキングのエッセンスは大変役に立ちます。ここでは、報告書作成のために最低限抑えておきたい事柄を紹介します。


 ●目的を明確にする 

報告書を書くときは、まず目的を明確にする必要があります。自分は何のために報告書を作るのか?読み手は誰か?何について書くのか?読み手に期待することは何か?

特に読み手に期待することは、明確に意識しておく必要があります。読み手に知っておいてもらえればいいのか?理解してもらえればいいのか?判断してもらいたいのか?行動してもらいたいのか?

これらのことをを最初に明確にしておく必要があります。


 ●結論を最初に書く 

学術論文では、結論は最後に書きますが、ビジネス文書では、報告書の目的に沿った結論を報告書の冒頭に入れます。なぜかというと、時間が無い人でも報告書の冒頭を読んだだけで、報告書が主張していることを知ることができるからです。

最終的な落としどころを知っていて文章を読むのと、知らずに文章を読むのとでは、理解のスピードが全く違います。


 ●見出しを入れる 

文章が長くなる場合は、パラグラフの先頭に見出しを入れるとわかりやすいレポートになります。これは、上で述べているように各パラグラフでの主張を最初にわかってもらうことで、後の文章をすんなり読めるからです。(場合によっては、読み飛ばすことができます)

見出しを入れられない場合でも、各パラグラフの先頭の文章では、そのパラグラフで一番言いたいことを書くと見やすい報告書になります。

ちなみに、よい報告書は、見出しやパラグラフの最初の文を読むだけで報告者の意思が通じるようになっている報告書です。

悪い報告書は言うまでもなく、全部読まないと意思が分からない報告書です。(もちろん読んでも分からないのは最悪です)


 ●概要を書く 

報告書の概要は、必ずしも必要ではありませんが、報告内容が長くなる場合は概要を書いた方が親切です。読み手は、その概要を読むだけで、自分にとって読む必要があるのか、ないのかを判断できるからです。


 ●報告書をピラミッドストラクチャーで構成する 

報告書を書く際に使えるのは、ピラミッドストラクチャーです。頂点の内容を報告書の結論として最初に書き、2段目の内容を見出しに持ってくることで、報告書がかなり読みやすくなります。

           ピラミッドストラクチャーを使った報告書の作成例


この場合、
■概要
自社は事業から撤退すべきだと思います。それは、市場の見通しが暗く、競合他社は特色が明確でシェアが高く、自社の強みを活かせないという3点の理由からです。
(ここでピラミッドストラクチャーの頂点と2段目を概要として説明する)

1.市場の見通しは暗い
市場の状況は、・・・

2.競合他社は特色が明確でシェアが高い
競合A社は、・・・

3.自社の強みを生かせない
自社の経営資源は、・・・

(ここで2段目以降の詳細を説明する)
と書けばよいでしょう。

 ●報告書では「以下のとおり」や「別紙」を避ける 

よく「詳細は以下のとおり」とか「詳細は別紙に記載」だけの文章がありますが、これは読み手に配慮して極力避けることをおすすめします。

もちろん詳細データを別紙に記載するのは構いませんが、読み手が本文を読んだだけで別紙の意味していることがわかるように要約を書いておくことで、読み手の負担を大幅に減らすことができます。(逆に、本文でデータの要約がないと、読み手は詳細データを全部読まなければなりません)

そのためには、別紙の内容を「So What?」できっちり解釈した上で、詳細データから何を言おうとしているのかを本文に示すとよいでしょう。


  


<<説得力を高めるにはへ戻る プレゼン資料の作り方1へ進む>>
 仕事力アップに活用 
説得力を高めるには
報告書の作り方
プレゼン資料の作り方1
プレゼン資料の作り方2
プレゼン資料の作り方3
プレゼン資料の作り方4
適切なチャートの選び方
パイチャート
コラムチャート
バーチャート
ラインチャート
ドットチャート
チャート作成テクニック
ウォーターフォールチャート
パレート図
メール文書の作り方
効率的な会議








N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > 仕事力アップに活用 > 報告書の作り方
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.