価値連鎖、バリューチェーンについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 経営戦略の基礎を学ぶ > バリューチェーン

バリューチェーン

バリューチェーンとは、原材料の段階から最終顧客で消費される段階において、各段階における付加価値(value)の流れのことです。

バリューチェーンは、自社の事業活動が流れの中のどの部分を担っているのか、競争優位性の構築に寄与しているのはどの部分か(価値の源泉はどこか)を分析するためのフレームワークです。バリューチェーンは、業界のKSF(Key Success Factor:重要成功要因)を発見するときに有効なフレームワークです。(参考:KSFの例


下図は、バリューチェーンのイメージ図です。


バリューチェーン

上は、あくまで一例で、業種によってバリューチェーンに出てくる活動内容は変わってきます。また、バリューチェーン分析は主たる活動を漏れなく網羅できていればよいので、分割の仕方に厳密な決まりはありません。(例えば、営業の中にマーケティングの要素があっても、企画の中にマーケティングの要素があってもOK。あるいはマーケティングを独立した活動と捉えてもOKです。)


 ●バリューチェーンの例 

<製造業>


<建設業>


<サービス業>


<銀行>







 ●事業連鎖の分析にも応用可能 

バリューチェーンは、自社だけでなく、「原材料メーカー ⇒ 製造メーカー ⇒ 流通業者 ⇒ 販売業者 ⇒ 顧客」というように、業界の川上から川下まで含めた見方をする際にも活用できます。(これを一般的に事業連鎖と言います。また、バリューチェーンを生みの親、マイケル・ポーターは、これをバリューシステムと呼んでいます)

自社以外も含めたバリューチェーン(事業連鎖・バリューシステム)
バリューシステム


<事業連鎖から企業の主活動までの全体像>



 ●バリューチェーン分析の仕方 

1.主なステップを特定する
バリューチェーン分析をするには、まずそのビジネスの鍵となるステップを特定します。細かい活動まで書くとキリがないので、ビジネスのフローを大まかにとらえられる切り方をします。

2.最も重要な要素をさらに分解する
キーステップの中で、さらに重要な要素を分解していきます。重要な要素とは、差別化要素の大きいステップや、その活動にかかるコストが大きい要素のことをいいます。

3.自社と競合でそれぞれの強みと弱みを分析する
要素をある程度切り分けることができたら、それぞれの要素で自社と競合でどのような違いがあるのか?それは業界のKSFと合致したものか?などを分析します。

こうしたバリューチェーンのどこに大きな付加価値をつけるかによって、企業のコスト構造は大きく変わってきます。例えば、同じ書籍販売業でもアマゾンのようなネット書店とジュンク堂のような店舗型の書店ではバリューチェーンの構造が異なり、結果コスト構造も大きく異なってきます。

バリューチェーンを他のビジネスフレームワークと組み合わせて活用することもあります。詳細は環境分析のプロセスを参照ください。

また、バリューシステムの分析方法としては、以下のようなものもあります。各レイヤーにおけるプレーヤーの数と利益率を分析し、構造的に儲かる業界なのかどうかを確認するとともに、ここから各レイヤーがどのように動こうとしているかを分析することで自社業界のレイヤーで起こることを予想することもできます。

バリューチェーン分析


 ●スマイルカーブ 

電子機器や産業機器においては、上流から下流にかけての付加価値の連鎖が放物線形状になることからスマイルカーブと呼ばれています。

詳細:スマイルカーブ


  



<<アドバンテージ・マトリックスへ戻る デコンストラクションへ進む>>
 経営戦略基礎
戦略とは
アンゾフの経営戦略
PPM
GEのビジネススクリーン
バリューポートフォリオ
グローバル戦略のパターン
ポーターの事業戦略類型
価値基準による戦略類型
業界地位と戦略
ブルーオーシャン戦略
チャレンジャーの逆転戦略
5つの力
アドバンテージ・マトリックス
戦略ポジショニングの分析
バリューチェーン
デコンストラクション
サービスプロフィットチェーン
リソース・ベースト・ビュー
7つのS
VSPROモデル
PEST分析
PLC
テクノロジー・ライフサイクル
技術戦略(MOT)
事業の経済性分析
経験効果
3C分析
SWOT分析
PDCAサイクル
ビジネスロードテスト
デルタモデル
環境分析のプロセス
製品市場戦略
競合分析フレームワーク
KSFの例











N's spirit 投資学研究室 > 経営戦略の基礎を学ぶ > バリューチェーン
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.