売上高をMECEで分解


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > 売上高の分解

 ■売上高をMECEで分解

ここでは、MECEに分解する一例として、売上高いろいろな観点から分析してみました。


 ●利益構造で分解 

売上高を利益構造で分解すると、付加価値を生み出しているのはどこかということを把握することができます。

 売上高 = 売上総利益 + 売上原価
 売上高 = 営業利益 + 販管費 + 売上原価
 売上高 = 経常利益 + 営業外収益 + 販管費 + 売上原価



 ●前年度売上で分解 

前年度との比較をすることで、成長性を見ることができます。

 売上高 = 前年度売上高 + 売上高増減
 売上高 = 前年度売上高 × 売上高成長率



 ●顧客で分解 

顧客で分解することにより、どの顧客層の売上に強みがあるのかがわかります。

 売上高 = 10代の顧客の売上高 + 20代の顧客の売上高 + ・・・
 売上高 = 国内売上高 + 国外売上高
 売上高 = 東日本売上高 + 西日本売上高



 ●資産、従業員当たりの売上で分解 

資産や従業員当たりの売上高で分解することで、生産性や効率性を見ることができます。

 売上高 = 店舗数 × 店舗数当たりの売上高
 売上高 = 従業員数 × 従業員1人あたりの売上高
 売上高 = 売上債権 × 売上債権回転率
 売上高 = 総資産 × 総資産回転率



 ●事業や商品で分解 

事業や商品で分解することにより、どの事業や商品に強みがあるのかがわかります。

 売上高 = 商品A売上高 + 商品B売上高 + ・・・
 売上高 = A事業部売上高 + B事業部売上高 + ・・・



 ●外部環境から分解 

外部環境から分解することで、自社の競争環境を分析することができます。

 売上高 = 業界売上高 × 自社シェア
       = 業界売上高 × 商談カバー率 × 勝率
       = 業界売上高 × 特約店カバー率 × インストアシェア
       = 業界売上高 × カバー率 × 認知率 
                  × トライアル率 ×リピート率



 ●顧客の行動から分解 

小売店などでよく使われる分解方法です。

売上高 = 購買顧客数 × 購買単価
      = [ターゲット人口 × 認知率 × 店頭接触率 × 購入率]
       × [年間購入数 × 1回当たり購入点数 × 1点あたり商品単価]





ビジネスパーソンに必須となる基礎知識・基礎スキル、仕事やキャリアに関する情報を中心に発信するブログ
Ns spirit投資学・経営学研究室

キャリアの課題に直面している方は
大企業【20代後半〜30代前半 必見】 自分の市場価値を簡単に確認する方法
【30代、40代必見】 大企業が直面する課題 今やるべき5つのこと





  


<<ROAツリーへ戻る フレームワーク応用例へ進む>>
 ロジカルシンキング 
ロジカルシンキング基本思考
論理展開パターン 演繹法
論理展開パターン 帰納法
MECE
ピラミッドストラクチャー
ピラミッドストラクチャー作成
ロジックツリー
ロジックツリー作成
フレームワーク思考
仮説思考
問題解決プロセス
相関係数・回帰分析
ファクター分析
コーザリティ分析
マトリックス分析
パレート分析
感度分析
統計の基礎的手法
現象をモデルで考える
ROAツリー
売上高の分解
フレームワーク応用例
ロジカルシンキング例題1
仕事力アップに活用する
交渉のプロセス
交渉の狙いどころ




N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > 売上高の分解
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.