リソース・ベースト・ビュー、VRIOフレームワークについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 経営戦略の基礎を学ぶ > リソース・ベースト・ビュー

リソース・ベースト・ビュー(RBV)

リソース・ベースト・ビューとは、企業が競争優位を保てるかどうかは、企業の経営資源やケイパビリティ(経営資源を活用できる能力)の開発次第であるとしてバーニーが提唱した戦略論のことです。リソース・ベースト・ビューはRBVと略されます。

リソース・ベースト・ビューは企業の内在的なケイパビリティが利益の源泉であるとしていて、業界構造という外部環境と、競争ポジショニングが利益の源泉であるとしたポーターの戦略論(5つの力バリューチェーンなど)と比較すると対極的な理論であるといえます。


 ●VRIOフレームワーク 

VRIOフレームワークとは、リソース・ベースト・ビューの代表的なフレームワークです。VRIO
とは、企業の内在価値を探る4つ要素のことで、VRIOフレームワークは、それぞれ問いかけの形で構成されています。(VRIOはヴリオと読みます。)

V:経済価値(Value)に関する問い
その企業の保有する経営資源やケイパビリティ(企業が有する組織としての能力)は、その企業が外部環境における脅威を無力化することができるか?あるいは機会を捉えることができるか?

R:希少性(Rarity)に関する問い
その経営資源を現在コントロールしているのは、ごく少数の競合企業か?

I:模倣困難性(Inimitability)に関する問い
その経営資源を保有していない企業は、その経営資源を獲得あるいは開発する際にコスト上の不利に直面するか?

O:組織(Organization)に関する問い
企業が保有する、価値があり、稀少性があり、模倣コストが大きい経営資源を活用するために、組織的な方針や手続きが整っているか?


VRIOフレームワークでは、継続的競争優位を保つためには4つの要因が全て揃うことが必要としています。

V:経済価値 R:希少性 I:模倣困難性 O:組織
× × × VRIの調整項目 競争劣位
× × 競争均衡
× 一時的
競争優位
継続的
競争優位
企業戦略論【上】基本編 競争優位の構築と持続 (ジェイBバーニー)を参考に作成


  


<<サービスプロフィットチェーンへ戻る 7つのSに進む>>
 経営戦略基礎
戦略とは
アンゾフの経営戦略
PPM
GEのビジネススクリーン
バリューポートフォリオ
グローバル戦略のパターン
ポーターの事業戦略類型
価値基準による戦略類型
業界地位と戦略
ブルーオーシャン戦略
チャレンジャーの逆転戦略
5つの力
アドバンテージ・マトリックス
戦略ポジショニングの分析
バリューチェーン
デコンストラクション
デコンストラクション
サービスプロフィットチェーン
7つのS
VSPROモデル
PEST分析
PLC
テクノロジー・ライフサイクル
技術戦略(MOT)
事業の経済性分析
経験効果
3C分析
SWOT分析
PDCAサイクル
ビジネスロードテスト
デルタモデル
環境分析のプロセス
製品市場戦略
競合分析フレームワーク
KSFの例



N's spirit 投資学研究室 > 経営戦略の基礎を学ぶ > リソース・ベースト・ビュー
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.  株式投資 理論株価算出 外国為替証拠金取引とは