パイチャートの特徴


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > 仕事力アップに活用 > パイチャート

 ■パイチャート

パイチャートとは、全体を丸い円で表し、各要素がその中でどのような割合を占めて存在しているのかが、一目でわかるチャートです。パイチャートは要素を比較する際に用いると効果的です。(まるで切り分けたパイのように見えることから、パイチャートと呼ばれています。)

            代表的なパイチャート
           各店舗の月次売上【百万円】
パイチャート


 ●パイチャートの活用場面 

パイチャートは、次のようなときに活用できます。

■各要素の大きさ(構成比)をパーセンテージで表示するような目的で使う場合。
■特に、1つの対象に対して構成比を表す場合。


一方で、次のような場合は、パイチャートではなく、別のチャートを使う方がよいでしょう。

■2つ以上の対象について構成比を表す場合。特に比較するような場合は、
 コラムチャートを使った方が便利です。

          2つの対象について構成比を表す場合
            (各店舗の平均月次売上の推移)



  


<<適切なチャートの選び方へ戻る コラムチャートへ進む>>
 仕事力アップに活用 
説得力を高めるには
報告書の作り方
プレゼン資料の作り方1
プレゼン資料の作り方2
プレゼン資料の作り方3
プレゼン資料の作り方4
適切なチャートの選び方
パイチャート
コラムチャート
バーチャート
ラインチャート
ドットチャート
チャート作成テクニック
ウォーターフォールチャート
パレート図
メール文書の作り方
効率的な会議









N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > 仕事力アップに活用 > パイチャート
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.