パレート分析、パレート図、パレートの法則について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > パレート分析

■パレート分析とは

パレート分析とは、問題の原因となる構成要素を生産性が高いセグメント、低いセグメントに分けて、問題把握や解決策の検討を行うものです。次のようなパレート図を作成し、分析を行うと、明確になります。QC7つ道具のひとつとしても有名です。




この場合、項目Cを解決すれば、全体の問題の半分以上が解決することが一目でわかります。仮にここで項目Aの解決に力を注いでも、全体の1割程度の改善にしかならないことになります。

通常、ある問題を解決する場合、発生原因はいろいろあげられますが、8割の問題は、2割くらいの項目によって占められていることが多い傾向があります。これをパレートの法則(20:80の法則)といいます。

パレート分析は、不具合解決や売上増加など様々な問題解決の場面に用いられます。

参考ページ:パレート図の作り方



 ●ロングテール現象 

ロングテール現象とは、売上金額の上位20%に入らない残りの80%に属する少数のアイテムの方が、上位20%で売れる数よりもはるかに多くなるような現象のことです。

これまでのビジネスでは、上の例のように20:80の法則で、上位20%のものに注力すればだいたいOKと考えられてきましたが、最近では残りの80%の部分でビジネスをして収益出すというモデルも成立してきているようです。

例えば、在庫回転率が肝となる従来書店が、年に1冊しか売れない本を100万タイトル揃えても商売にはなりませんでしたが、ネットの普及によりアマゾンのようなロングテールで儲けるビジネスモデルが成立するようになりました。

ただし、ロングテールを独占できたからといって必ずしも儲かるわけではありません。また、ロングテールは、儲けられるだけの母数が多いようなアイテム数がとんでもなく多いビジネスでしか有効でないともいえます。

従来のパレート図

ロングテール現象


  


<<マトリックス分析へ戻る 統計の基礎的手法へ進む>>
 ロジカルシンキング 
ロジカルシンキング基本思考
論理展開パターン 演繹法
論理展開パターン 帰納法
MECE
ピラミッドストラクチャー
ピラミッドストラクチャー作成
ロジックツリー
ロジックツリー作成
フレームワーク思考
仮説思考
問題解決プロセス
相関係数・回帰分析
ファクター分析
コーザリティ分析
マトリックス分析
パレート分析
感度分析
統計の基礎的手法
現象をモデルで考える
ROAツリー
売上高の分解
フレームワーク応用例
ロジカルシンキング例題1
仕事力アップに活用する
交渉のプロセス
交渉の狙いどころ




N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > パレート分析
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.