ラインチャートの特徴


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > 仕事力アップに活用 > ラインチャート

 ■ラインチャート

ラインチャートとは、折れ線グラフのことです。ラインチャートは、ある項目の時系列変化を表現するのに適したチャートです。

            ラインチャートの例
         A店の月次売上推移【百万円】



 ●ラインチャートの活用場面 

ラインチャートは、次のような場合に活用します。

■時系列でデータを比較する場合
■その中でも特に、変化の動きや角度に焦点をあてる場合


 ●ラインチャートを見やすくするテクニック 

コラムチャートでは、次のような点に注意すると、見やすいバーチャートを作成することができます。

■線はなるべく太くする。特に基準線よりは太くする。
■異なる種類のデータがある場合は線の種類を分ける。



また、複数の項目を無理に1つのラインチャートに入れずに、複数のラインチャートに分けた方がよい場合もあります。

                  複数のラインチャートに分けた例


 ●ラインチャートのバリエーション 

ラインチャートのバリエーションとして、下図に示すような面チャートがあります。コラムチャートでも同じような表現は可能ですが、それぞれの項目の変化の度合いに注目したい場合は面チャートの方がおすすめです。




  


<<バーチャートへ戻る ドットチャートへ進む>>
 仕事力アップに活用 
説得力を高めるには
報告書の作り方
プレゼン資料の作り方1
プレゼン資料の作り方2
プレゼン資料の作り方3
プレゼン資料の作り方4
適切なチャートの選び方
パイチャート
コラムチャート
バーチャート
ラインチャート
ドットチャート
チャート作成テクニック
ウォーターフォールチャート
パレート図
メール文書の作り方
効率的な会議











N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > 仕事力アップに活用 > ラインチャート
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.