仮説思考を紹介


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > 仮説思考

仮説思考 詳細解説

仮説思考とは、何かに取り組む際に、その時点で考えられる仮説(仮の結論)を置いて考える思考方法のことです。網羅的に考えるよりも仮説を置いて考える方が、分析・調査の無駄が少なくなるため、精度のよい仮説思考を身につけることは仕事のスピードアップにつながります。


仮説思考の詳細解説の続きはブログ版をご覧ください。


【5分でわかる】仮説思考とは よい仮説の条件・作り方・立て方



一部コンテンツをスマホでも見やすいブログ版に移管しています。



<<フレームワーク思考へ戻る 問題解決プロセスへ進む>>
 ロジカルシンキング 
ロジカルシンキング基本思考
論理展開パターン 演繹法
論理展開パターン 帰納法
MECE
ピラミッドストラクチャー
ピラミッドストラクチャー作成
ロジックツリー
ロジックツリー作成
フレームワーク思考
仮説思考
問題解決プロセス
相関係数・回帰分析
ファクター分析
コーザリティ分析
マトリックス分析
パレート分析
感度分析
統計の基礎的手法
現象をモデルで考える
ROAツリー
売上高の分解
フレームワーク応用例
ロジカルシンキング例題1
仕事力アップに活用する
交渉のプロセス
交渉の狙いどころ




N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > 仮説思考
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.