パレート図の作り方


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > 仕事力アップに活用 > パレート図の作り方

 ■パレート図の作り方

ここでは、原因分析でよく用いられるパレート図の作り方を紹介します。(パレート図の解説はパレート分析を参照ください。)


 ●数値を計算する 

まず、グラフ作成の前に手元のデータを加工する必要があります。はじめに、下図のように項目を件数の多い順に並べ替えておきます。



次に、数式を入れて累積割合を求めます。




 ●グラフの原型を作成する 

次に、グラフの原型を作ります。グラフの種類は「集合縦棒」を選びます。(エクセル2007より前のバージョンの場合、「2軸上の折れ線と縦棒」というグラフを選べば、これから説明するグラフの原型作成プロセスを飛ばすことができます)



集合縦棒を選ぶと、次のようなグラフができます。




ここで、累積割合の方の要素を右クリックして、「系列グラフの種類の変更」を選び、折れ線グラフを選びます。



次に折れ線グラフを右クリックして、「データ系列の書式設定」から「系列のオプション」を選び、使用する軸の中で第2軸を選択します。



これで2軸のグラフにできます。



最後に、折れ線グラフの値の範囲を先のセルでいくとD3まで入るようにします。ここまででグラフの原型が完成します。




 ●グラフを修正する 

まず、棒グラフを選択し、「データ系列の書式設定」から「系列のオプション」を選び、棒グラフの重なりをゼロにします。




次に棒グラフの軸(第1軸)の最大値を件数の合計値(今回の場合は119)とします。




次に折れ線グラフが棒グラフの境界で重なるように設定を変更します。はじめにグラフを選択して、「グラフツール」、「軸」から「第2横軸」の設定をします。



作った第2横軸を右クリックして、「軸の書式設定」から
・目盛の種類
・補助目盛の種類
・軸ラベル
を全て「なし」に選択します。

そして、軸位置を「目盛」に設定します。




設定が終わると、次のようなパレート図が完成しているはずです。





ビジネスパーソンに必須となる基礎知識・基礎スキル、仕事やキャリアに関する情報を中心に発信するブログ
Ns spirit投資学・経営学研究室

キャリアの課題に直面している方は
大企業【20代後半〜30代前半 必見】 自分の市場価値を簡単に確認する方法
【30代、40代必見】 大企業が直面する課題 今やるべき5つのこと






  


<<ウォーターフォールチャートの作り方へ戻る メール文書の作り方へ進む>>
 仕事力アップに活用 
説得力を高めるには
報告書の作り方
プレゼン資料の作り方1
プレゼン資料の作り方2
プレゼン資料の作り方3
プレゼン資料の作り方4
適切なチャートの選び方
パイチャート
コラムチャート
バーチャート
ラインチャート
ドットチャート
チャート作成テクニック
ウォーターフォールチャート
パレート図
メール文書の作り方
効率的な会議










N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > 仕事力アップに活用 > パレート図の作り方
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.