グローバル戦略のパターン


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 経営戦略の基礎を学ぶ > グローバル戦略のパターン

グローバル戦略のパターン

一言にグローバル戦略と言っても、持っている経営資源やその国の状況によって、さまざまな進出・事業展開の方法があります。ここでは、グローバル戦略の中で代表的な4つのパターンを紹介します。




 ●インターナショナル戦略 

インターナショナル戦略とは、本社がマーケティングや開発を担当して製品やサービスを展開していく戦略です。その国の商品と本社の商品の特性が比較的似ていて、かつその国に目立った競合が存在しない場合、あるいはまだ本格参入するだけの売上規模を確保できていないという場合にこの戦略が用いられます。


 ●ローカリゼーション戦略 

ローカリゼーション戦略とは、会社の製品やサービスを国別に個別に作り対応していく戦略です。顧客の嗜好が国ごとにバラバラの場合、あるいは進出しているその国だけ特殊な場合にこの戦略が用いられます。


 ●グローバルスタンダード戦略 

グローバルスタンダード戦略とは、ローカリゼーション戦略とは対極で、全ての国で標準化された製品やサービスを展開していく戦略です。国ごとの顧客の嗜好があまり大きくなく、世界的に標準化することでコストダウンメリットが出る場合にこの戦略が用いられます。アップルのiPhoneなどでこのグローバルスタンダード戦略が見られます。


 ●トランザクション戦略 

トランザクション戦略とは、規模化のコストとローカライズの両方を追求していく戦略です。各国の市場要求が多彩で、かつコスト要求が厳しいときに用いられる戦略です。この戦略をとろうとすると、各国間での連携が重要になるので、その連携を調整する本社のかじ取りが肝になってきます。また、組織のレポートラインは複雑多岐になりがちで、ローカルへの権限移譲と本社のコントロールのバランスなど、組織デザインが非常に難しくなるのが特徴です。


 ●グローバル市場へのエントリー方法 

グローバル市場にエントリーするには次のような方法があります。

・本社からの輸出
・ローカルへのライセンス供与
・フランチャイズビジネスの展開
・ジョイントベンチャー
・自社による100%出資

いずれも一長一短ですが、上に行くほどリスクは少なくなり、下に行くほどその国のビジネスをコントロールしやすいという傾向になります。



  


<<バリューポートフォリオへ戻る ポーターの事業戦略類型>>
 経営戦略基礎
戦略とは
アンゾフの経営戦略
PPM
GEのビジネススクリーン
バリューポートフォリオ
グローバル戦略のパターン
ポーターの事業戦略類型
価値基準による戦略類型
業界地位と戦略
ブルーオーシャン戦略
チャレンジャーの逆転戦略
5つの力
アドバンテージ・マトリックス
戦略ポジショニングの分析
バリューチェーン
デコンストラクション
サービスプロフィットチェーン
リソース・ベースト・ビュー
7つのS
VSPROモデル
PEST分析
PLC
テクノロジー・ライフサイクル
技術戦略(MOT)
事業の経済性分析
経験効果
3C分析
SWOT分析
PDCAサイクル
ビジネスロードテスト
デルタモデル
環境分析のプロセス
製品市場戦略
競合分析フレームワーク
KSFの例






N's spirit 投資学研究室 > 経営戦略の基礎を学ぶ > グローバル戦略のパターン
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.