GEのビジネススクリーンについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 経営戦略の基礎を学ぶ > GEのビジネススクリーン

GEのビジネススクリーン

GEのビジネススクリーンとは、GE(ゼネラル・エレクトリック)とマッキンゼーが開発した9つのセルを使って企業ポートフォリオの評価を行うためのフレームワークです。

GEのビジネスクリーンでは、PPMのように単に市場成長率とシェアで分類するのではなく、様々な要素を重み付けをしながら複合的に勘案した「長期的な業界の魅力度」と、「競争ポジション(事業の強度)」を軸にとっています。

GEのビジネススクリーン


 ●長期的な魅力度を測る指標 

長期的な魅力度を測る指標としては、
・市場規模と成長率
・競争度合い
・マクロ環境(社会、政治、技術、経済)の影響
・参入障壁と撤退障壁
・必要な技術と資本
・機会や脅威の出現
などがあります。


 ●競争ポジションを測る指標 

競争ポジションを測る指標としては、
・相対的なシェア、コスト・ポジション
・技術力
・競合他社を上回る製品・サービス
・経営能力
・コア・コンピタンス
などがあります。


  


<<PPMへ戻る バリューポートフォリオに進む>>
 経営戦略基礎
戦略とは
アンゾフの経営戦略
PPM
GEのビジネススクリーン
バリューポートフォリオ
グローバル戦略のパターン
ポーターの事業戦略類型
価値基準による戦略類型
業界地位と戦略
ブルーオーシャン戦略
チャレンジャーの逆転戦略
5つの力
アドバンテージ・マトリックス
戦略ポジショニングの分析
バリューチェーン
デコンストラクション
サービスプロフィットチェーン
リソース・ベースト・ビュー
7つのS
VSPROモデル
PEST分析
PLC
テクノロジー・ライフサイクル
技術戦略(MOT)
事業の経済性分析
経験効果
3C分析
SWOT分析
PDCAサイクル
ビジネスロードテスト
デルタモデル
環境分析のプロセス
製品市場戦略
競合分析フレームワーク
KSFの例






N's spirit 投資学研究室 > 経営戦略の基礎を学ぶ > GEのビジネススクリーン
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.