マーケティングの4Pについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > マーケティング思考を身につける > マーケティングの4P

マーケティング4P

マーケティングの4Pとは、マーケティングの施策をPを頭文字とした4つに分類した、マーケティング管理のフレームワークです。マーケティングの4Pは、1960年代からあるフレームワークです。4Pの内訳は「製品(Product)」、「価格(Price)」、「流通(Place)」、「プロモーション(Promotion)」です。

これは、マーケティング版の5W2Hとも言えます。つまり、何(製品)を、いくら(価格)で、どこ(流通)に、どうやって(プロモーション)売るかということです。(ちなみに、誰はターゲット、いつは投入時期、なぜはそもそもマーケティング目標になります。)

各々の詳しい説明は以下のとおりです。

製品戦略の詳細>>
価格戦略の詳細>>
流通戦略の詳細>>
プロモーション戦略の詳細>>


 ●マーケティングの4Pを応用する 

4Pのフレームワークを利用することで、例えば、「自社の売上をアップするにはどうするか?」といった課題に対する方策が考えられます。

製品・・・品質は十分か?ブランド力はあるか?
価格・・・高すぎないか?安すぎないか?
流通・・・流通に無駄はないか?欠品や過剰在庫になることはないか?
プロモーション・・・ユーザーへの認知は十分か?


  


<<マーケティング・プロセスへ戻る 製品戦略へ進む>>
 マーケティング基礎
マーケティング・プロセス
マーケティングの4P
製品戦略
価格戦略1
価格戦略2
価格戦略3
価格戦略4
サービスの価格戦略
価格モデルの革新
流通戦略
プロモーション戦略
競合の模倣を防ぐ方法
ブランド戦略
法人マーケティング1
法人マーケティング2
マーケティング・定量分析
市場規模の推定
市場規模の推定(ATARモデル)
市場規模の推定(海外)
市場規模の推定(ロジスティック曲線)
市場規模の推定(BASSモデル)
消費者購買行動の類型
ステージゲートシステム

N's spirit 投資学研究室 > マーケティング思考を身につける > マーケティングの4P
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.