その他のフレームワークを解説


N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > フレームワーク思考 > その他のフレームワーク

■その他のフレームワーク

ここでは、MECEで分解されたフレームワークをいくつか列挙します。


 ●技生販(技術、生産、販売) 

顧客に物が届くまでの流れを表したフレームワークです。仕入れや物流、アフターサービスなどを入れるとビジネス・システムと呼ばれるフレームワークになります。


 ●5媒体 

5媒体とは、一般的にテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、インターネットのことです。


 ●AIDMA 

AIDMAとは、消費者の行動プロセスのフレームワークです。AIDMAは、認知→理解→欲求→記憶→消費のサイクルの頭文字を表します。
AIDMAの詳細はこちら


 ●QCD 

QCDとは、飲食サービスの価値要素のことです。QCDは、品質、コスト、時間の頭文字になります。「うまい、安い、早い」はQCDのフレームワークに沿った訴求といえます。


 ●費用のフレームワーク 

費用には次のような分け方があります。
変動費固定費
■間接費と直接費
■売上原価、販管費、営業外損失、特別損失(損益計算書に基づいた分け方)


 ●5W1H(5W3H) 

英語の授業にも出てくる5W1H(ビジネスではこれにHow much と How manyを加えた5W3Hとしてよく使われます)です。何かを催したり、役目を決めたりする際に使えます。


 ●効率・効果 

効率と効果は常に対になるフレームワークです。効率が良くても、効果があがらなければ意味がありませんし、逆に効果が絶大でも効率が悪いと採用できないということになります。


 ●質・量 

質と量は常に対になるフレームワークです。スポーツの練習の場合、量に質が伴わなければ成果があげられませんし、質がどれだけ高くても量が伴わなければ体に覚えこますことはできません。


 ●その他 

■攻撃−守備
■新規−既存
■春−夏−秋−冬
■インテリア−エクステリア
■ビフォア−アフター
■短期−中期−長期
■定着範囲(広さ)−定着の深さ−定着期間
■権利−義務
             など

  


<<FABEへ戻る
 ロジカルシンキング 
ロジカルシンキング基本思考
論理展開パターン 演繹法
論理展開パターン 帰納法
MECE
ピラミッドストラクチャー
ピラミッドストラクチャー作成1
ピラミッドストラクチャー作成2
フレームワーク思考
仮説思考
問題解決プロセス
相関係数・回帰分析
ファクター分析
コーザリティ分析
マトリックス分析
パレート分析
感度分析
統計の基礎的手法
現象をモデルで考える
ROAツリー
売上高の分解
フレームワーク応用例
ロジカルシンキング例題1
仕事力アップに活用する
交渉のプロセス
交渉の狙いどころ


N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > フレームワーク思考 > その他のフレームワーク

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.  株式投資 理論株価算出 外国為替証拠金取引とは