ファクター分析について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > ファクター分析

ファクター分析

ファクター分析とは、ある指標に対して、いくつかの変動要因がある場合に、どの変動要因が指標に対して大きな影響を与えているかを把握するための分析です。

ファクター分析の代表例には、売上、利益の関係や、ビジネスプロセスに基づいた付加価値の分析があります。一般的にファクター分析は、数字だけではわかりにくいので、チャートにして視覚化して行われます。


 ●ウォーターフォールチャート 

ファクター分析では、次に示すようなウォーターフォールチャートがよく用いられます。このチャートは、積み上げ棒グラフをただ単に分解したものですが、積み上げ棒グラフでは表しにくいマイナス値を表すことができるのが特徴です。

            ウォーターフォールチャートの例
ウォーターフォールチャート

参考ページ:ウォーターフォールチャートの作り方


 ●ファクター分析の例 

■売上・利益分析
売上・利益を費用ごとに分解して分析する方法です。視覚化することで、どの要因が最も影響の大きい要因かがわかります。他の企業と比較したり、時系列で比較したりすることもできます。

                ※売上・利益分析の例
ウォーターフォールチャート


■差異分析
差異分析とは、同じ指標を年度やロケーションなどによって比較して分析する方法です。

                    ※差異分析の例
ウォーターフォールチャート


■漏れ分析
漏れ分析とは、プロセスの中での漏れと最終結果にどのような関係があるのかを示すものです。代表的な漏れ分析にシェアの漏れ分析があります。



シェアが上がらないのは、商品が悪いからという意見が多くでることがありますが、このような漏れ分析をすることで、商品では競合と互角に戦えているが、実は営業上カバーできていない範囲が多いことの方が問題といったより改善感度の高い問題に到達する場合があります。


  


<<問題解決のプロセスへ戻る コーザリティ分析へ進む>>
 ロジカルシンキング 
ロジカルシンキング基本思考
論理展開パターン 演繹法
論理展開パターン 帰納法
MECE
ピラミッドストラクチャー
ピラミッドストラクチャー作成
ロジックツリー
ロジックツリー作成
フレームワーク思考
仮説思考
問題解決プロセス
相関係数・回帰分析
ファクター分析
コーザリティ分析
マトリックス分析
パレート分析
統計の基礎的手法
現象をモデルで考える
ROAツリー
売上高の分解
フレームワーク応用例
ロジカルシンキング例題1
ロジカルシンキング例題2
仕事力アップに活用する
交渉のプロセス
交渉の狙いどころ





N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > ファクター分析
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.  株式投資日記 外国為替証拠金取引 ロジカルシンキング