ロジカルなプレゼン資料の作り方


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > 仕事力アップに活用 > 適切なチャートの選び方

 ■適切なチャートの選び方

プレゼン資料や報告書を見やすく仕上げる上で重要となってくるのがチャート(表やグラフ)です。

特に、数字の変化や大きさを視覚的に説明できるグラフをうまく使えると、大変わかりやすい資料にすることができます。逆に、適切なグラフを選ばなかったり、見せ方がまずかったりすると、それだけで相手が見る気を無くしてしまう場合もあります。

ここでは、適切なチャート・グラフの選び方から、わかりやすく各チャートを作成する際のポイントを紹介します。


 ●チャートの種類と特徴 

最もよく使われる5つのチャートと、それがどういう事柄を説明するのに適しているのかを以下にまとめました。

項目間の比較 時系列 相関 頻度
パイチャート
コラムチャート
バーチャート
ラインチャート
ドットチャート

ビジネスで使われるチャートのほとんどは、この5つの基本チャートの中のどれかに属しています。


  


<<プレゼン資料の作り方4へ戻る パイチャートへ進む>>
 仕事力アップに活用 
説得力を高めるには
報告書の作り方
プレゼン資料の作り方1
プレゼン資料の作り方2
プレゼン資料の作り方3
プレゼン資料の作り方4
適切なチャートの選び方
パイチャート
コラムチャート
バーチャート
ラインチャート
ドットチャート
チャート作成テクニック
ウォーターフォールチャート
パレート図
メール文書の作り方
効率的な会議








N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > 仕事力アップに活用 > 適切なチャートの選び方
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.