コーザリティ分析


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > コーザリティ分析

 ■コーザリティ分析

コーザリティ分析とは、いくつかある問題の因果関係を明らかにして、真の原因を突き止めるための分析手法です。

例えば、次のような問題があるとします。

・利益があがらない
・顧客が減っている
・従業員のモチベーションが上がらない


これらは、それぞれ何らかの因果関係を含んでいるようにも見えます。そこで、この構造を明らかにするためにコーザリティ分析を用います。


 ●第3因子の存在 


コーザーリティ分析では、真の問題を見つけるために3つの問題の間をつなぐように因果関係を整理するしていきます。

例えば、コーザリティ分析の結果、下のように因果関係を整理できたとします。この場合、3つの問題の根本的な原因は、「職場の雰囲気が悪いから」だったと考えることができます。
(目に見えている事象について直接的なつながりが見出せない場合、そこに第3の因子が存在しないかを考えておくことも重要です。例えば従業員のモチベーションと顧客の減少の間を埋める顧客対応の悪化など


コーザリティ分析


このようにコーザリティ分析を使うと、いくつかの問題の根本的な部分を絞り込むができるというメリットがあります。コーザリティ分析は、問題解決の原因追求場面で大いに役立つ分析手法になります。


 


<<ファクター分析へ戻る マトリックス分析へ進む>>
 ロジカルシンキング 
ロジカルシンキング基本思考
論理展開パターン 演繹法
論理展開パターン 帰納法
MECE
ピラミッドストラクチャー
ピラミッドストラクチャー作成
ロジックツリー
ロジックツリー作成
フレームワーク思考
仮説思考
問題解決プロセス
相関係数・回帰分析
ファクター分析
コーザリティ分析
マトリックス分析
パレート分析
感度分析
統計の基礎的手法
現象をモデルで考える
ROAツリー
売上高の分解
フレームワーク応用例
ロジカルシンキング例題1
仕事力アップに活用する
交渉のプロセス
交渉の狙いどころ



N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > コーザリティ分析
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.  株式投資日記 外国為替証拠金取引 ロジカルシンキング