投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 経営管理の会計をマスターする > バランス・スコアカード

バランス・スコアカード

バランス・スコアカードとは、総合的な視点から戦略を策定し実行するためのフレームワークです。バランス・スコアカードは、報酬に連動させた業績評価システム、経営の品質向上にも役立てられるます。

バランス・スコアカードでは、次の4つの視点で確実な戦略が実行できているかを評価していきます。

1.株主に気を配ることができているか(財務)
2.顧客は自社をどのようにとらえているか(顧客満足)
3.自社の競争優位とその源泉は何か(業務プロセス)
4.価値を高めて、創造しつづけることはできるか(質的成長)

バランス・スコアカードは、企業全体の戦略の整合性をとり、従業員ひとりひとりにその戦略に基づいた具体的なアクションを浸透させるマネジメント・システムといえ、多面的な指標で経営戦略をコントロールできるところが利点です。


バランススコアカード


バランススコアカードを用いた経営管理の指標(KPI)の例として次のような例があります。
財務の視点・・・売上、利益、キャッシュフロー、ROE
業務プロセスの視点・・・新商品開発期間、不具合時の対応期間
顧客満足の視点・・・市場シェア、リピート率
質的成長の視点・・・従業員の意識、新技術の提案件数、特許出願件数



指標を選ぶときには、次のようなポイントを考慮しておく必要があります。
・戦略の評価を正しく判断できる指標を選ぶ
・定量化が容易である
・測定が容易である



バランススコアカードを作成する上では、4つの視点における、KGIKSF(CSF)KPIを確認して、具体的な行動に掘り下げていくことが重要です。

      戦略とバランス・スコアカードの位置づけ



  


<<管理会計とはへ戻る 戦略マップへ進む>>
 経営管理の会計
管理会計とは
バランススコアカード
戦略マップ
原価分解
直接原価計算
間接費の配賦方法
貢献利益
スループット会計
標準原価
原価企画
ABC(活動基準原価計算)
責任会計





N's spirit 投資学研究室 > 経営管理の会計をマスターする > バランス・スコアカード
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.