バーチャートの特徴


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > 仕事力アップに活用 > バーチャート

 ■バーチャート

バーチャートとは、横棒グラフのことです。各項目の大きさを比較する際に用いられます。

                バーチャートの例
            各店舗の月次売上高比較【百万円】
バーチャート


 ●バーチャートの活用場面 

バーチャートは、次のような場合に活用します。

■項目同士を比較する場合


 ●バーチャートを見やすくするテクニック 

バーチャートでは、次のような点に注意すると、見やすいバーチャートを作成することができます。

■バーの太さより隙間を狭くする
■項目の並び方を意味のある順にする
  (例えば、数値の大きい順や50音順、アルファベット順など)
■強調したい項目を目立たせる。




 ●バーチャートのバリエーション 

バーチャートには、主に次のようなバリエーションがあります。

1.グループ・バーチャート
同じ項目の様々な局面を比較する場合に用います。

2.細分バーチャート
全体の構成比も含めて比較をする場合に用います。



3.スライド状バーチャート
2つの要素が異なる構成比を示す場合、または2つの要素の相関関係を示す場合に用います。

4.偏差バーチャート
勝者と敗者、利益がプラスとマイナスなど違いを明確に示す場合に用います。



これらの他にトルネードチャートもバーチャートの1種です。


  


<<コラムチャートへ戻る ラインチャートへ進む>>
 仕事力アップに活用 
説得力を高めるには
報告書の作り方
プレゼン資料の作り方1
プレゼン資料の作り方2
プレゼン資料の作り方3
プレゼン資料の作り方4
適切なチャートの選び方
パイチャート
コラムチャート
バーチャート
ラインチャート
ドットチャート
チャート作成テクニック
ウォーターフォールチャート
パレート図
メール文書の作り方
効率的な会議










N's spirit 投資学研究室 > ロジカルシンキングを鍛える > 仕事力アップに活用 > バーチャート
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.