アドバンテージマトリックスについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 経営戦略の基礎を学ぶ > アドバンテージ・マトリックス

アドバンテージ・マトリックス

アドバンテージ・マトリックスとは下の図のように、「業界の競争要因の数」と「優位性構築の可能性」によって事業のタイプを4つに分けて分析するものです。

それぞの事業タイプ別に「規模」と「ROA」の関係を描いてその事業の特徴を表わすのが、アドバンテージ・マトリックスの一般的な表し方です。





 ●分散型事業 

競争要因が多く、優位性の構築が難しい事業です。この事業タイプでは、事業が小規模な段階では旨みがありますが、大規模になると収益性の維持が難しくなります。
(例)アパレル業界

 ●特化型事業 

競争要因が多いものの、特定の分野で地位を築き上げることで、優位性の構築が可能な事業です。
(例)計測機器業界、製薬業界、ヨーロッパの自動車業界


 ●手づまり型事業 

優位性構築が難しい事業です。規模効果が限界に達した事業によく見られる形です。この事業タイプは、新たな優位性を構築して、特化型事業になることが求められます。
(例)鉄鋼業界


 ●規模型事業 

規模を大きくすることで、優位性を構築できる、いわゆる規模の経済が働く事業です。規模型事業ではシェア拡大によって大きな利益をもたらすことができます。
(例)自動車業界、コンピューター業界、素材業界


 ●V字型事業 

飲食業界、旅行代理店、広告代理店の業界では、ごく小事業か大規模の場合は収益性が高いが、中規模になると収益性が悪くなるというV字カーブを示す場合があります。
(参考:V字カーブ効果



アドバンテージ・マトリックスで考えると、分散型産業と規模型産業の両方の傾向が出るビジネスでV字カーブ効果がでると言えるでしょう。

 ●アドバンテージ・マトリックスで見る定石 

長期にわたって安定した収益を確保するためには、マトリックスの中でも特化型、規模型に転換し、その中で優位を築いていくことが重要です。転換の一例として、ファミリーレストラン事業があります。通常飲食店は、分散型事業に位置づけられますが、ファミリーレストラン大手は、セントラルキッチンを使って規模の経済を構築して、規模型産業へと転換していきました。


 ●アドバンテージ・マトリックスの参考図書 

新版 MBAマネジメント・ブック
MBAの基礎知識が満載の本です。終始基礎的な内容を取り上げているので、MBAについてこれから学ぼうという初心者向けの本です。企業経営をしていく上で必要なフレームワークが多数紹介されてい
自社の経営資源や企業活動の分析を行います。具体的な分析対象は以下のようなものになります。

  


<<5つの力へ戻る バリューチェーンへ進む>>
 経営戦略基礎
戦略とは
アンゾフの経営戦略
PPM
GEのビジネススクリーン
バリューポートフォリオ
グローバル戦略のパターン
ポーターの事業戦略類型
価値基準による戦略類型
業界地位と戦略
ブルーオーシャン戦略
チャレンジャーの逆転戦略
5つの力
アドバンテージ・マトリックス
戦略ポジショニングの分析
バリューチェーン
デコンストラクション
サービスプロフィットチェーン
リソース・ベースト・ビュー
7つのS
VSPROモデル
PEST分析
PLC
テクノロジー・ライフサイクル
技術戦略(MOT)
事業の経済性分析
経験効果
3C分析
SWOT分析
PDCAサイクル
ビジネスロードテスト
デルタモデル
環境分析のプロセス
製品市場戦略
競合分析フレームワーク
KSFの例






N's spirit 投資学研究室 > 経営戦略の基礎を学ぶ > アドバンテージ・マトリックス
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.