LASIK レーシック体験記 > 手術後の経過

LASIK 
手術後の経過


※手術の翌日
手術翌日の朝、眼が覚めると、部屋の物が非常によく見えました。「しまったー。コンタクト付けっぱなしで寝てしまったー。」と反射的に思ってしまうくらいの違和感がありました。

右眼はいい感じでしたが、左眼は異物感が若干残っていました。

病院に検診を受けに行くと、手術で傷ついた目の表面はほぼ治っていました。視力は両眼とも単独で1.5(両眼で測ると2.0)まで回復していました。事前検査で1.5が限界という診断だったので、狙いどおりの視力が出ています。ただ、手術後の調整を考えて、やや遠視方向で狙うようなので少し近くが見にくい状態でした。

翌日からは何をしてもOKなので、検査の後、早速風呂に入って、入浴後はボーッと遠くを眺めて、遠くが見える喜びをかみ締めました。

視力悪化から20年近い時を経て再び裸眼で見える日が来るなんて夢にも思わなかったことです。仕事がら眼を酷使することが多いですが、これからは大事にしていきたいと思いました。


※手術から1週間
検査の結果、視力は両眼とも単独で1.5のままで、順調な回復のようです。左眼に感じていた異物感もほとんど無くなりました。ただ、ドライアイになりやすく、コンタクトを付けているときと同じような眼の疲れを感じます。

夜は少し見えにくくなる可能性があると、言われましたが問題なく、昼間の太陽もほとんど眩しく感じません。術後にサングラスを貰ったのですが、一度も使いませんでした。

しかし、ハロー(光源の周りがぼやけて見える現象)が起こって、夜間の車の運転では遠くの光が一体化して見えてしまうため、少し不自由を感じました。ただ、それも最初の3、4日で収まり、今は夜のライトにも違和感を感じなくなりました。

夜、家に帰ると、部屋の中が見え過ぎることに違和感を感じて、何となくコンタクトを外したい気分に襲われます。(もちろんコンタクトなんか付けてないのですが、20年間の近眼ボケでしょうか?悲しい・・・。)

しかし、朝コンタクトを付けずに出社して、夜コンタクトを外さずに寝ることができるのは、本当に至福の喜びです。大金をかけた甲斐がありました。


※手術から1ヶ月
まだ目は多少乾きやすいですが、日常生活はほとんど問題なしです。手術後に海外にも数日行きましたが、コンタクトレンズのときに比べると非常にラクです。朝起きてからコンタクトを入れないことが、自然に感じられるようになりました。


※手術から2ヶ月
違和感は全く無くなりました。目の乾きも無くなって、目薬も必要ありません。友達と旅行に行くと、コンタクトの付け外しに苦慮しているのを横目に悠々としていられます。


※手術から3ヶ月
3ヶ月後検査を受けましたが、全く問題なく検査終了。あいかわらず両眼ともに単独で1.5でした。


※手術から6ヶ月
仕事でパソコンの画面を長時間見ていると眼が極端に疲れますが、日常生活には全く問題ありません。もうコンタクトや眼鏡がない生活が当たり前になりました。


※手術から18ヶ月
全く異常なし。ただ、見えることが普通になってしまって、手術直後のような見えることに対する感動はなくなってしまっています。




LASIKの費用・メリット・リスク     近視歴・LAISKを決意した訳
手術前の検査    手術当日    手術後の経過     手術前に読んだ本


LASIK レーシック体験談

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.  理論株価算出 外国為替証拠金取引