ウクライナの経済について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 社会情勢、諸々 > ウクライナの経済

 ■ウクライナの経済

旧ソ連の中では、ロシアに次ぐ経済規模を誇るウクライナ。日本には馴染みのないウクライナの経済について紹介します。


 ●ウクライナとは 

ウクライナは、東にロシア、西にハンガリー、南にルーマニアと黒海、北にポーランド、ベラルーシに挟まれた国です。首都はキエフで、人口は約4800万人です。国土の95%が平地です。

気温は、夏で25℃弱、冬だと0℃くらいで、年間通して比較的過ごしやすい気候の国です。


 ●首都キエフの富裕層

ウクライナには、旧ソ連からの独立後の民主化政策にうまく乗った富裕層が非常に多いことで知られています。

特に首都のキエフでは年収1000万円クラスの富裕層も多く(ウクライナの平均年収は8万円程度)、中心部のショッピングモールには高級品がずらりと並んでいます。郊外では数億円クラスの高級住宅の建設ラッシュになっています。


 ●自動車産業も注目

キエフを中心とした、まとまった規模の経済力を有しているウクライナには、自動車産業も注目しています。すでにキエフでは、ベンツやトヨタの高級車も多く見られ、日産も2007年末からキエフに販売店を構えて市場に参入することが発表されています。

 参考ページ
 外務省データ ウクライナ

  
 経済・社会の小ネタ 
ウクライナの経済事情
上海万博を探る
スカイプとは
アスベストとは
2007年問題
LOHAS


N's spirit 投資学研究室 > 社会情勢、諸々 > ウクライナの経済
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.  株式投資日記 外国為替証拠金取引 財務諸表