2007年問題について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 社会情勢、諸々 > 2007年問題

 ■2007年問題とは

2007年問題とは、団塊世代の中でも最も人数の多い1947年生まれの人が2007年に退職を迎えることで、企業活動に大きな影響を与えるとされるという問題です。

2007年問題による影響として以下のことが指摘されています。

■労働力の問題
単純に人が減るということで、労働力の不足が懸念されています。そのため、市場では、一時期の就職氷河期に比べ、採用活動が活発になっています。

■ノウハウ継承の問題
高度なノウハウを持った人材が引退すると、企業内の技術レベルが低下する可能性があります。そうしたノウハウを継承する仕組み作りをしている企業もありますが、仕組み作り自体にかなりコストがかかってしまうという状況にもあります。

■退職金の問題
従業員が大量に引退するということは、それだけ企業が支払う退職金が大きくなることを意味します。企業は退職金の支払いで大きなキャッシュを必要とするため、企業自体の体力を奪われるほか、積極的な投資施策をうてなくなる可能性もあります。


  
 経済・社会の小ネタ 
ウクライナの経済事情
上海万博を探る
スカイプとは
アスベストとは
2007年問題
LOHAS


N's spirit 投資学研究室 > 社会情勢、諸々 > 2007年問題
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.  株式投資日記 外国為替証拠金取引 財務諸表