TIBOR、LIBORとの違いについて説明しています。


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > TIBOR

■TIBORとは

TIBORとは東京時間の午前11時におけるロンドン市場の実勢のインターバンクレートです。

TIBORは日本国内における円のインターバンクレートとなります。なぜ、日本国内のレートでLIBORを使わないかというと、東京とロンドンの時差の関係です。

LIBORは東京市場の夕方に発表されるので、翌日、東京市場で取引が開始されたときに実勢のレートとLIBORの間にズレが生じる可能性があります。

そのため、ズレを吸収し東京市場が活発に動く時間に最適な実勢レートであるTIBORを用います。日本国内でお金を借りる場合は(TIBOR+α)となります。このαは借り手の信用状態に応じたリスクプレミアムに相当します。

TIBORは他の金利に大きな影響を与えます。他の金利が上がっていなくても、TIBORが上がっていれば、他の金利もこの先上がるかもしれないという予想ができます。なお、日本経済新聞にはLIBORではなく、TIBORが掲載されています。


※TIBORと金利
上記のように日本国内で銀行からお金を借りる場合、(TIBOR+α)となります。このαは借り手に信用があれば、小さくなりますし、信用が無ければ、大きくなります。

しかし、このαが借り手信用状態に関わらず高い場合、注意が必要です。

ある銀行の金利がTIBORとかけ離れている場合、その銀行はインターバンク市場での信用力低下が原因で資金調達ができないため、何とか顧客から集めようとしていると考えられます。

これはその銀行が破綻の可能性を秘めていると考えられるのです。

  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字


N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > TIBOR
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語