信用取引のメリット・リスクを紹介


N's spirit 投資学研究室 > 株式投資 信用取引 >株式投資 信用取引とは

 ■信用取引のメリット・リスク

ここでは信用取引の主なメリットとリスクを解説します。


 ●信用取引のメリット 

※レバレッジが効かせられる
信用取引では、一定割合の委託保証金を元手に取引をします。そのため、現物取引よりも少ない資金で株の売買をすることができます。つまり手持ちの資金よりも大きな資金を動かすことができるため、投資効率を高めることができます。

また、現物株式を担保にすることもできるため、大きな含み益を出している株式を担保にして信用取引をすることも可能です。この場合、担保にする証券は、証券会社によって設定された掛け目によって評価されます。時価8000円の証券で掛け目が80%の場合、担保としての価値は6400円になります。


※株価下降局面にも利益が出せる
信用取引では、売りからも入れるため、株価が下降するような局面にも対応することができます。相場が長い間下降局面にある場合、現物買いだけではなかなか利益を上げることが難しくなります。そんなときに、効果的に信用売りをすることができれば、着実に利益を積み上げていくことができるでしょう。


※現物取引との組み合わせでリスクヘッジできる
信用取引を現物取引と組み合わせることで、リスクヘッジにもなります。例えば、株価が乱高下するような状況だと現物株の価値が急激に減る場合があります。そんなときに現物資産を持ちながら信用売りをしておくことで、互いに損益が相殺されるため現物取引の値下がりをヘッジすることができます。

こうした手法は一般的に「つなぎ売り」と呼ばれます。


 ●信用取引のリスク 

信用取引のリスクは、メリットと裏表になりますが、レバレッジが効いていることです。レバレッジが効いているので投資効率がよくなる反面、委託した証拠金以上の損失を受ける場合があります。

また、現物株式を担保にして信用買いをしている場合、相場の急落局面で信用買いで損失を出すと同時に担保の価値も急落するため、追証(証拠金の追加)を求められ多大な損失を受ける場合があります。

  


<<信用取引の種類へ戻る 信用取引の活用法へ進む>>
 株式投資 信用取引
 信用取引とは
 信用取引の種類
 信用取引メリット・リスク
 信用取引の活用法



N's spirit 投資学研究室 > 株式投資 信用取引 >株式投資 信用取引とは
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 財務諸表