株式投資のメリットを紹介


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式投資 初級編 >株式投資 メリット

 ■株式投資のメリット

ここでは株式投資(現物取引)で受けられる主なメリットを解説します。(必ずしもここに上げた恩恵が受けられる訳ではありません)

 ●株式で受けられる主なメリット 

※価格上昇
株式投資の利益として真っ先に思い浮かぶのは、株価上昇による利益(キャピタルゲイン)だと思います。上場初期の頃のセブンイレブンやヤフーなどに投資をしていた人は今や手には持ちきれないほどのお金を手にしているでしょう。


※配当収入
企業は株主に対し年に1回ないし2回、利益の応じた配当金を分配します。この配当金は取得価格に対して1%を超えることは珍しくなく、中国株に至っては4%以上の配当利回りを得られる企業もザラにあります。定期預金の利子が0.1%を下回っていることを考えると、これだけでもメリットがあると考えることもできます。


※税制面の優遇
株式投資における税金は、売買益については平成19年末まで、配当金については平成20年3月まで税率は一律10%となっています(期間以降は一律20%です)。利子所得は一律20%なので、現在は税制面で優遇されています。優遇期間中に株式投資のスキルを磨くのも面白いかもしれません。

証券会社で特定口座(源泉徴収なし)を選択すると、確定申告の手続きに関する書類作成が簡略化できるというメリットがあります。また、、特定口座(源泉徴収あり)を選択すると、申告・納税の手間は一切省くことができます。


※社会人として基礎知識を身に付けられる
金銭的な恩恵ではありませんが、株式投資をすることで経済情勢・企業情報に敏感になり、日頃の業務にも役立つでしょう。特に、ファンダメンタル分析を勉強は、会社の中で戦略・企画関連の業務に携わっている人には大きなプラスになっていくと思います。

  


株式投資のリスクへ進む>>
 株式投資初級編 
株式投資のメリット
株式投資のリスク
株式市場の種類(日本)
株式市場の種類(中国)
利益の種類、取引方法
証券会社選び
株価の変動材料
株式相場の代表的指標
長期投資と短期投資
集中投資と分散投資




 トレーダーズショップ
 投資家のための専門店



N's spirit 投資学研究室 > 株式投資 初級編 >株式投資 メリット
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 財務諸表