PCFRとは何かを解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > よく使われる投資尺度 > PCFR

 ■PCFR 株価キャッシュフロー倍率 Price to Cash flow ratio

PCFRとは、営業キャッシュフローをベースに株価の割安度を表すものです。PERの計算式の分母が一株あたりの利益であったのに対し、PCFRの計算式では、分母に一株あたりの営業キャッシュフローを使います。PCFRとはPERのキャッシュフロー版と思われますが、計算の中身を見るとPERとはかなり違いがあります。


 ●PCFRの意味 

PCFRは、株価が純利益ではなく、キャッシュフローによって決定されるといった考えから生まれた指標です。PCFRは株価Pと一株あたり営業キャッシュフローから次のように求めます。

 PCFR = P/営業キャッシュフロー


PCFRもPERと同様の割引モデルで考える事ができます。PCFRの場合、成長率は営業キャッシュフローの成長率を示します。

 PCFR = 1/(r-g)


 ●PERとPCFR 

PERとPCFRの違いは分母(純利益か営業キャッシュフローか)です。

PER = P/純利益
PCFR = P/営業キャッシュフロー


純利益と営業キャッシュフローは次のように求められます。

純利益=営業利益+金融収支+特別損益−法人税
営業キャッシュフロー=営業利益+減価償却費+運転資本の増加−法人税


純利益が金融収支や特別損益といった直接事業に関係のないものが含まれているのに対し、営業キャッシュフローは事業に関係する収益を表しています。したがって、PCFRの方がより事業収益そのものに注目した指標であると考えられます。そういった意味で、PCFRはPERよりもEV/EBITDA倍率に近いと考える事もできます。

  


<<ROEとROAへ戻る EV/EBITDAへ進む>>
 株式投資 投資尺度
PER
PBR
ROEとROA
PCFR
EV/EBITDA倍率
EVAとMVA
ROICとOOIC 
トービンのqとQレシオ
ライフサイクルと重点尺度
投資尺度の比較・活用例





N's spirit 投資学研究室 > よく使われる投資尺度 > PCFR
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.  株式投資日記 外国為替証拠金取引 財務諸表