EVAとは、エコノミックプロフィットとは何かを解説


投資学経営学用語集
トップページ > よく使われる投資尺度 > EVA 、 MVA

 ■EVA MVA

EVAとMVAはアメリカのスタン・スチュワート社が開発した投資尺度です。EVAとは企業がどれだけ経済的付加価値を生み出したかを示す指標です。EVAの一般名称はエコノミックプロフィット、経済付加価値などと呼ばれます。EVAは、投資尺度としてだけでなく、従業員の業績評価指標として用いられるケースも多い指標です。

MVAとは企業がどれだけ市場付加価値を生み出したかを表す指標です。市場付加価値とも呼ばれます。


 ●EVAの意味 

EVAとは財務会計ベースの利益ではなく、経済的な意味での利益を表す指標で、日本語では経済付加価値と言います。企業は会計上の利益ではなく、経済的利益であるEVAをプラスにすることで、経済価値を生んでいると判断できます。EVAは次のように計算します。

 EVA = NOPAT − {投下資本×資本コスト}
     = EBIT×(1-実行税率) − (投下資本×資本コスト)


この式からわかるように、企業は投下した資本にかかるコスト、すなわち株主の期待利回りや負債の利子の加重平均より税引き後の利益が大きければ経済価値を生んでいると判断できます。

資本コストには、一般的にWACC(加重平均資本コスト)を使います。
WACCの求め方はこちら


 ●投下資本の求め方 

投下資本とは、固定資産と正味運転資本(流動資産−流動負債)の総和のことです。これは、バランスシートの右側から見ると、株主資本と固定負債の合計と言い換えることもできます。

 投下資本 = 株主資本(評価・換算差額等含む) + 固定負債
        = 固定資産 + 流動資産 − 流動負債



 ●EVAの例 

下の表は例として3社のEVAの推移を示しています。

(単位は百万円)
EVA エコノミックプロフィット

3社ともEVAがプラスで推移しています。日本も最近まではEVAがマイナスの企業が多かったそうですが、この3社はしっかり経済価値を生み出していることになります。


 ●EVAを増やすには 

EVAの式を見るとEVAを増やすには次の4つの方法があることがわかります。

@NOPATを上げる(売上高を上げる、コストを削減するなど)
A投下資本を減らす(不採算資産の削減など)
BWACCを下げる(最適な資本構成の実現するなど)
CWACCを上回るプロジェクトに投資する


 ●EVAとFCF(フリーキャッシュフロー)の関係 

EVAはフリーキャッシュフローと密接な関係があります。実際に両者の式を見比べます。

 FCF = NOPAT(税引き後利益) − 運転資本の増減
               −設備投資額 + 減価償却費

 EVA = NOPAT(税引き後利益) − (投下資本×WACC)


この式を見ると、FCFがNOPATからその年度の投下資本を引いているのに対し、EVAではNOPATから過去の投下資本を引いているのがわかります。

FCFは単年度で見ると、設備投資額が多い場合などは大きくマイナスになります。しかし、単年度で回収するような投資案件は少ないため、FCFの評価を単年度で行うと判断を誤る可能性があります。

一方、EVAは投下資本のコストに見合う利益を出していれば、経済付加価値を上げていると判断できます。したがって、EVAはFCFでは評価しにくい単年度での評価を可能にした指標といえます。


 ●EVAのメリット・デメリット 

■メリット
・株主価値との連動性の高い指標である。
・成熟した企業が経営効率の改善を図るのに適している。

■デメリット
・NOPATに含まれている減価償却費の償却方法の影響を受ける。
・利益や投資額が安定しない企業の評価には向かない。


 ●MVAの意味 

MVAとは企業の市場価値の増加を表す指標です。MVAは日本語では市場付加価値と呼びますMVAは次のように計算できます。

 MVA = 株式時価総額 − 株主資本金額(簿価)

MVAが大きいということは、企業が株主から預かっている資金を効率よく運用して、付加価値を生み出しているということになります。MVAは、将来期待されるEVAの現在価値合計と考えられるので、EVAを長期的に向上させることが、MVAの上昇に繋がります。

※EVA、MVAはともにアメリカのコンサルタント会社「スターン・スチュワート社」の登録商標
 です。EVAにはエコノミック・プロフィットという呼び方もあります。


 ●MVAとPBRの関係 

 PBR = 株式時価総額/株主資本(簿価)

と表すことができるので、MVAを使って表すと次のようになります。

 PBR = (株主資本簿価 + MVA)/株主資本簿価
    = 1 + (MVA/株主資本簿価) 
    = 1 + (EVAの現在価値累計/株主資本簿価)


したがって、PBRは企業が将来生み出す価値に比例して高くなるということになります。


 ●EVA分析がわかる本 

企業価値評価―バリュエーション 価値創造の理論と実践
マッキンゼーのプリンシパルによって書かれた企業価値評価についての本です。企業価値分析の理論と実践を500ページ以上にわたって詳細に紹介しています。本書では企業のキャッシュフロー、EVA(エコノミック・プロフィット)、ROICの実績と予想を中心とした企業価値分析の理論が展開されています。

  


<<EV/EBITDAへ戻る ROICとOOICへ進む>>
 株式投資 投資尺度 
PER
PBR
ROEとROA
PCFR
EV/EBITDA倍率
EVAとMVA
ROICとOOIC 
トービンのqとQレシオ
ライフサイクルと重点尺度
投資尺度の比較・活用例











トップページ > よく使われる投資尺度 > EVA 、 MVA
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.  株式投資日記 外国為替証拠金取引 財務諸表