チームビルディングについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 組織を設計し人を動かす > チームビルディング

 ■チームビルディング

組織を設計して、それを機能させるためには大なり小なりチームを形成して、課題に取り組む必要があります。それは、組織の目標やビジョンを具現化することは、1人の人間だけでは成しえないからです。そうすると、必然的にチームを形成する必要があります。さらにチームを形成することで、個々人の力に相乗効果が生まれ、1+1が3以上の効果を発揮できるようになるわけです。

チームビルディングとは、ある目的を達成するために、チームの共通認識と相互理解を深めて、有機的にチームとしての能力を高めていくことです。企業活動では、チームとしての活動が不可欠となる以上、このチームビルディングも不可欠な存在になります。


 ●チームビルディングに必要な要素 

チームビルディングには、次の4つの要素が必要と言われています。それは、戦略・ビジョンを浸透させる「目的の共有」、進捗や問題をメンバー間で情報交換する「コミュニケーション」、誰がいつまでに何をするのかを明確にし、責任者にコミットさせる「コミットメント」、そして企業活動をする上で常に念頭に置くべき「顧客視点」の4つです。

この要素がどれか1つでも欠けると、チーム形成のメリットがほとんど無くなってしまいます。(全くないと言ってもいいでしょう)


  


<<組織文化へ戻る タックマンモデルへ進む>>
 人・組織の基礎
組織構造
人事システム
マネジメントシステム
採用
配置
評価
報酬
育成
組織文化
チームビルティングとは
タックマンモデル
ジョハリの窓
マズローの欲求5段階説
期待と課題のマトリックス
リーダーシップスタイル
メッセージの作り方
グローバルリーダーの必要与件
PMスケジュール立案
PM投入資源の見積り
PM・PMO役割と必要スキル


N's spirit 投資学研究室 > 組織を設計し人を動かす > チームビルディング
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.