人材育成、人材教育について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 組織を設計し人を動かす > 育成

 ■人事システム 育成

事業戦略を遂行するにあたっては、予定どおりの業績を残すことが重要であることはもちろんですが、企業が継続的に事業を運営するのであれば、戦略遂行に伴って人材を育成し、次世代の戦略推進者を作り上げることも重要となっています。


 育成の方法 

■OJT(On the Job Training)
OJTとは、具体的な仕事を通じて知識やスキルを習得させることをいいます。日本の企業ではOJTが育成のメインとなっています。OJTを実施することで、具体的な業務スキル以外に企業文化など戦略を遂行する上で重要でありながら、言語では伝えにくいものを伝えることができます。一方で、指導者の能力バラツキによって、育成効果にバラツキが生じる場合あります。


■Off-JT(Off the Job Training)
Off-JTとは、仕事以外で企業が行うトレーニングのことで、研修などが該当します。Off-JTには、管理職や中堅、新人などの階層別のトレーニングや、マーケティング・営業・技術などの職能別のトレーニングなどがあります。

Off-JTは、専門知識を集中的に習得できるメリットがある一方で、通常の業務に即応用できなかったり、個人の能力によって柔軟にメニューを組みにくいなどのデメリットがあります。


■自己啓発
自己啓発とは、事業所外で従業員が自らの意思で知識やスキルを身につける活動のことですが、従業員の負担の一部を会社が援助する場合があります。例えば、社外セミナーの受講料の一部または全部を会社が負担する金銭的援助や、勤務時間内の参加を出勤扱いとする時間的援助などがあります。


  


<<報酬へ戻る 組織文化へ進む>>
 人・組織の基礎
組織構造
人事システム
マネジメントシステム
採用
配置
評価
報酬
育成
組織文化
チームビルティングとは
タックマンモデル
ジョハリの窓
マズローの欲求5段階説
期待と課題のマトリックス
リーダーシップスタイル
メッセージの作り方
グローバルリーダーの必要与件
PMスケジュール立案
PM投入資源の見積り
PM・PMO役割と必要スキル





N's spirit 投資学研究室 > 組織を設計し人を動かす > 育成
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.