財務分析、経営分析とその指標について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 財務諸表の見方、読み方をマスターする > 財務分析する(成長性)

 ■財務分析(成長性)

どれだけ、収益力が高く、財務体力があっても成長性のない会社は、魅力に欠けるものです。ここでは、企業の成長性について説明します。

成長性を調べるには、財務諸表から得られるデータを時系列(3〜5年くらい)に並べてみる必要があります。以下は成長性を調べる上で重要な指標です。


 ●売上高成長率 

 売上高成長率 = (当期売上高 − 前期売上高)
             / 前期売上高 × 100


売上高の伸びがわかります。売上高が伸びているということは、前年に比べて、「市場を拡大している」か、「シェアをアップさせている」かあるいは、「販売単価の高い商品を売っている」ことになります。


 ●経常利益成長率 

 経常利益成長率 = (当期経常利益 − 前期経常利益) 
               / 前期経常利益 × 100


経常利益増加の度合いがわかります。経常利益成長率>売上高成長率の関係になる企業は良好な成長をしていると見ることができます。


 ●その他 

 総資産増加率 = (当期総資産 − 前期総資産)
             / 前期総資産 × 100


 人件費増加率 = (当期人件費 − 前期人件費)
             / 前期人件費 × 100


このふたつは、将来の成長に必要な投資をすると増加する値です。しかし、会社のキャパシティ以上に増加するのは良くありません。一般的に、この二つの指標は、売上高成長率を下回っていればバランスのとれた成長をしていると見ることができます。

このほかに、次のような成長性を見る指標があります。

 自己資本増加率 = (当期自己資本 − 前期自己資本)
              / 前期自己資本 × 100

 (自己資本 = 純資産−新株予約権−少数株主持分)

 株式配当増加率 = (当期株式配当 − 前期株式配当)
              / 前期株式配当 × 100


  


<<財務分析する(生産性)へ戻る 業種・業態別の財務特徴へ進む>>
 財務諸表 
貸借対照表(B/S)を読む
損益計算書(P/L)を読む
CF計算書を読む
B/S、P/L、CF計算書の関係
財務諸表の科目一覧
財務分析(収益・効率性)
財務分析(安全性)
財務分析(生産性)
財務分析(成長性)
業種・業態別の財務特徴
会計方針による違い
税効果会計
粉飾決算の基本パターン
財務分析の例
財務諸表を見る際の注意点
損益分岐点分析
損益分岐点で企業分析
連結財務諸表の解説
貸借対照表 日英対照表
損益計算書 日英対照表
CF計算書  日英対照表





N's spirit 投資学研究室 > 財務諸表の見方、読み方をマスターする > 財務分析する(生産性)
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.