貸借対照表、バランスシートの見方、読み方を解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 財務諸表の見方、読み方をマスターする > 貸借対照表を読む

     
     ↑コンテンツが有用だと思ったら「いいね」をクリック!!
 ■貸借対照表とは

貸借対照表とは、資本の調達先と運用形態を表した表のことです。下の表に貸借対照表の概要を示します。貸借対照表では資産の部と負債、資本の部が必ず釣り合うように作られます。そのため、貸借対照表のことをバランスシートとも呼びます。

                       貸借対照表の一例
貸借対照表 バランスシート


表の左側が資本の運用形態(資産)を表しています。
表の右側が資本の調達先(資本)を表しています。資金の調達先には表のように負債(他人に返す義務のある資本)と資本(返す義務のない資本)があります。


以下に主要な項目を説明していきます。

 ●資産 

資産とは利益を生み出すため必要な資金や物です。資産の部は原則として、現金化しやすい順に並んでいます。

■流動資産
流動資産とは1年以内に現金化が予定されている資産を表します。流動資産には主に当座資産棚卸資産があります。当座資産とは現金や有価証券など比較的短期に資金化ができるものと、棚卸資産のように販売というハードルを越えなければ資金化できないものを表します。したがって、棚卸資産は在庫商品の陳腐化などによって資金化できないケースもあります。

(現金・預金)
文字通り、手持ちの現金や銀行に預けてある預金です。
(有価証券)
有価証券とは他の会社の株式などです。
(売上債権)
通常、企業同士のお金のやりとりは手形や掛けで行います。売上債権とはそのときの受取手形や売掛金のことです。
売上債権について詳細>>

(棚卸資産)
棚卸資産とは作りかけの商品や在庫のことを言います。
棚卸資産について詳細>>


■固定資産
固定資産とは長期にわたって使用、保有できる資産をいいます。固定資産には主に有形固定資産と無形固定資産があります。有形固定資産とは建築物もったものをや車両のように具体的な形態を持つものです。無形固定資産とは特許権のように具体的な形態を持たないものです。


■繰延資産
繰延資産とは流動資産にも固定資産にもならない資産で、それ本来は損益計算上は費用として処理されるものです。しかし、費用としての支出の効果が長期に渡って期待できるので、支出時に一気に費用化せずに貸借対照表上は資産として扱っています。


財務・会計のおすすめ本>>


 ●負債 

負債とは第3者に対して返済の義務がある債務のことです。負債の部は原則として、返済を急ぐ必要のある順に上から並べられます。

■流動負債
流動負債とは買入債務、短期借入金等、1年以内に返済を要する負債のことです。また、1年以内に返還見込みのある長期借入金や社債なども流動負債になります。

(買入債務)
買入債務とは支払手形や買掛金のことです。受取手形と逆で、取引先に対しての債務になります。
買入債務について>>


■固定負債
固定負債とは1年を超えて支払いの義務が発生する負債のことです。長期借入金や引当金、社債などが該当します。

詳細 : 貸倒引当金について>>  退職給付引当金について>>  債券について>>




 ●純資産 

純資産とは会社の利益の積み上げと、投資家から集めた資金のことです。

株主資本
株主資本とは、純資産の中でも株主に帰属するものと考えられる項目のことです。

■資本金、資本剰余金
資本金、資本剰余金とは株主からの拠出分の資金のことです。

■利益剰余金
利益剰余金とは過去の利益の蓄積分から利益準備金を引いたものです。この利益剰余金は毎期の利益の中から、株主への配当や役員賞与を差し引いたものになります。

■準備金
準備金とは会社の充実を目的として商法で積み立てることが義務付けられた資金のことです。準備金には利益から積み上げる利益準備金と資本金から積み立てられる資本準備金があります。
(詳細 : 利益準備金>>  資本準義金>>

自己資本
自己資本とは、株主資本と評価・換算差額等を足したもので、会社の資本と帰属するものを表します。

自己資本  = 株主資本 + 評価・換算差額等
        = 純資産−新株予約権−少数株主持分 

■少数株主持分
少数株主持分とは、第三者が持っている連結対象の会社(子会社)の株のことで、資産や負債とは独立してバランスシートに記載されるものです。連結財務諸表に特有の科目になります。


 ●取得原価主義について 

貸借対照表の資産の多くは、資産購入時の金額をベースにしています。このように、購入金額をベースに貸借対照表の金額を記載していくことを取得原価主義と言います。


貸借対照表関連の参考ページ  運転資本>>   有利子負債>>


  

損益計算書を読むへ進む>>
 財務諸表 
貸借対照表(B/S)を読む
損益計算書(P/L)を読む
CF計算書を読む
B/S、P/L、CF計算書の関係
財務諸表の科目一覧
財務分析(収益・効率性)
財務分析(安全性)
財務分析(生産性)
財務分析(成長性)
業種・業態別の財務特徴
会計方針による違い
税効果会計
粉飾決算の基本パターン
財務分析の例
財務諸表を見る際の注意点
損益分岐点分析
損益分岐点で企業分析
連結財務諸表の解説
貸借対照表 日英対照表
損益計算書 日英対照表
CF計算書  日英対照表






N's spirit 投資学研究室 > 財務諸表の見方、読み方をマスターする > 貸借対照表を読む
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.