FCF フリーキャッシュフローとは何かを解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > ファイナンスの知識を得る > フリーキャッシュフロー
フリーキャッシュフロー(FCF)とは

フリーキャッシュフローとは企業が自由に使うことができるキャッシュのことです。フリーキャッシュフローは本業のキャッシュフローから現状維持に必要とされるキャッシュフローを差し引いたものであると定義されています。

しかし、フリーキャッシュフローはキャッシュフロー計算書に示されているものではありませんし、だからと言って、企業レベルで実際にフリーになったキャッシュを直接求めるのも容易ではありません。そのため、フリーキャッシュフローは財務諸表から概算していくことが必要になります。


 ●FCFの求め方 

フリーキャッシュフローには、様々な定義があります。ここでは、一般的に用いられている計算式を紹介します。

FCF=NOPAT(税引き後利益)+減価償却費+運転資本の増減
   − 企業が現状維持するのに必要なキャッシュフロー

  =EBIT(金融収支前経常利益)+減価償却費+運転資本の増減−法人税
   − 企業が現状維持するのに必要なキャッシュフロー
  =経常利益+金融収支+減価償却費+運転資本の増減−法人税
   − 企業が現状維持するのに必要なキャッシュフロー






(参考ページ 経常利益 減価償却費 運転資本


企業が現状維持するのに必要なキャッシュフローは次のように求められます。

企業が現状維持するのに必要なキャッシュフロー 
    = 有形固定資産の取得による支出


本業によるキャッシュフローは営業キャッシュフローを用いる事で問題ないと思います。現状維持のキャッシュフローを有形固定資産取得(設備投資)と考えました。有形固定資産取得額はキャッシュフロー計算書から求められます。 また、貸借対照表損益計算書から設備投資を求める場合は、次のように定義します。

企業が現状維持するのに必要なキャッシュフロー 
    = 有形固定資産の増加分 + 減価償却費


実際は設備投資の全てが現状維持のためのものではないので、この定義で求めたフリーキャッシュフローは実際のフリーキャッシュフローより少なくなると考えられます。


フリーキャッシュフローは、簡易的に(営業CF−投資CF)と求める場合もあります。


  ●FCFの最大化を図るには 

FCFの式から、FCFを最大化するためには、特に以下の点を考える必要があります。
・金融収支前経常利益の最大化
・売上金の早期回収
・棚卸資産の最小化
・税金の最小化
・設備投資の選別



つまり、1円でも安く作って、1円でも高く売り、1日でも早くお金を回収し、余分な税金を支払わないことがFCF最大化の原点ということになります。

  


DCF法へ進む>>
 ファイナンス基礎
ファイナンスの原則
FCF
DCF法
割引率(WACC)
β(ベータ)
アンレバードベータ
IRR(内部収益率)
残存価値の算出方法
WACCの限界
APV法
ポートフォリオとリスク分散
ポートフォリオとリスク分散2
DCF法でPJを比較
DCF法でPJを比較2
DCF法で重視する指標
差額原価収益分析
最適な資本構成
負債の節税効果
負債の種類
配当政策
配当政策と株価
自社株買いと株価
株価を上げる投資
債券
利付債
割引債
新株予約権付社債
転換社債型新株予約権付社債
異なる債券の利回り比較
証券化
プロジェクトファイナンス
IPO








N's spirit 投資学研究室 > ファイナンスの知識を得る > フリーキャッシュフロー
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.