DCF法、ディスカウントキャッシュフロー法について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > ファイナンスの知識を得る > DCF法
DCF法とは

DCF法とは、ディスカウントキャッシュフロー法の略で、長期の投資効果を測る収益計算には欠かせない手法です。DCF法では、お金の時間的価値を考慮して、投資とキャッシュフローの関係を考えます。

ひとつの目安として、投資回収期間が3年以上の案件はDCF法を用いるケースが多いようです。短期の意思決定には、お金の時間価値を考慮しない差額原価収益分析を使います。

DCF法の詳細解説の続きはブログ版をご覧ください。


【徹底解説】DCF法とは 計算式 企業価値・株価算出手法のひとつ



一部コンテンツをスマホでも見やすいブログ版に移管しています。



<<FCFへ戻る 割引率(WACC)へ進む>>
 ファイナンス基礎
ファイナンスの原則
FCF
DCF法
割引率(WACC)
β(ベータ)
アンレバードベータ
IRR(内部収益率)
残存価値の算出方法
WACCの限界
APV法
ポートフォリオとリスク分散
ポートフォリオとリスク分散2
DCF法でPJを比較
DCF法でPJを比較2
DCF法で重視する指標
差額原価収益分析
最適な資本構成
負債の節税効果
負債の種類
配当政策
配当政策と株価
自社株買いと株価
株価を上げる投資
債券
利付債
割引債
新株予約権付社債
転換社債型新株予約権付社債
異なる債券の利回り比較
証券化
プロジェクトファイナンス
IPO



N's spirit 投資学研究室 > ファイナンスの知識を得る > DCF法
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.