スループット会計について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 経営管理の会計をマスターする > スループット会計

スループット会計

スループットとは、売上高から原材料費や外注費などの変動費の中でも真の変動費と呼ばれる費用を引いたもので、限界利益と近い意味をもつ利益です。このスループットを主体として考えたのが、TOCスループット会計です。


 スループット = 売上高 − 直接材料費
 利益 = スループット − 業務費用



フリーキャッシュフローIRRが企業や企業の中の部門全体の財務を表すのに適した指標であるのに対し、スループットは実際の生産現場に即した考え方といえます。もちろんスループットの増大は、フリーキャッシュフローやIRRといった企業財務の良化をもたらすことになります。

スループットは、経常利益などでは測れない企業のキャッシュ獲得能力を見る上で有効な指標となるため、導入例が多くなっています。しかし、現行の指標である経常利益などが決して必要ないということではないので、通常は経常利益などと併用して評価の尺度としていることが多いようです。

なお、TOCスループット会計のTOCとは制約理論のことで、現在の原価計算の会計基準が、キャッシュ増大の大きな制約になっているという意味で付けられています。


※スループット増大の例
ある製品の原価低減のために生産量(在庫)を増やす場合を考えます。このとき製品1個あたりの単価は減り、利益増大となり一見良いように見えます。ところが、在庫の増加はキャッシュの減少をもたらし、不良在庫のリスクを抱えることになります。

スループットでは、生産量を増やしても外注費や原材料費が増えるだけになります。スループット増加のためには、(ボトルネックに合わせた)リードタイム短縮による在庫の削減という対策が打たれることになります。


  


<<貢献利益へ戻る 標準原価へ進む>>
 経営管理の会計
管理会計とは
バランススコアカード
戦略マップ
原価分解
直接原価計算
間接費の配賦方法
貢献利益
スループット会計
標準原価
原価企画
ABC(活動基準原価計算)
責任会計




N's spirit 投資学研究室 > 経営管理の会計をマスターする > スループット会計
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.